ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 広報 > 広報専門員情報 > 広報専門員の「ひと・まちスケッチ」(広報誌「ニューひょうご」より)

ここから本文です。

更新日:2008年3月27日

広報専門員の「ひと・まちスケッチ」(広報誌「ニューひょうご」より)

広報誌「ニューひょうご」において連載している「ひと・まちスケッチ」をホームページで再現しました。兵庫県広報専門員の横山佳代子・米田裕美がとっておきのレポートをお届けしています。

ひと・まちスケッチについて

広報専門員・横山佳代子(左)と米田裕美(右)

広報誌「ニューひょうご」は毎月1回の発行で、広報専門員が兵庫県内各地をまわり、さまざまな地域づくり活動をレポートしています。いろいろな地域で出会った皆さんの様子を紹介していますので、是非ご覧ください。

これまでの「ひと・まちスケッチ」

地元住民と岡山県武蔵の里大原観光協会による昼食サービスに参加者も大喜び(平成20年3月号より)

これまでにレポートした「ひと・まちスケッチ」の内容です。

平成19年度

県境交流で地域を元気に(平成20年3月号:横山佳代子)

自然と芸術ではぐくむ郷土愛(平成20年1月号:横山佳代子)

地域で学び、つなぐ命と食文化(平成19年12月号:横山佳代子)

地域の結束で守る地域の安全(平成19年10月号:横山佳代子)

 

楽しみながら成ヶ島の環境を再生(平成19年9月号:横山佳代子)

支え合うまちをめざし人をつなぐ(平成19年7月号:横山佳代子)

ラベンダー香るまちをめざして(平成19年6月号:横山佳代子)

「おいやか」な交流で地域を元気に(平成19年4月号:横山佳代子)
 

平成18年度
若者たちの郷土愛がまちの元気を取り戻す(平成19年3月号:米田裕美)
経験を地域で生かす高齢者の子育て支援 (平成19年2月号:横山佳代子)
被災地から市場へ広がれ生きがいの場 (平成19年1月号:米田裕美)
子どもが安心して暮らせる社会をめざして (平成18年12月号:横山佳代子)
復活から伝承へ 葛畑の農村歌舞伎 (平成18年10月号:横山佳代子)
水辺から始まる人づくり、まちづくり (平成18年9月号:米田裕美)
国籍や民族を超えた真の共生社会をつくる (平成18年7月号:横山佳代子)
中山間地の自然を守りみんなでつくる花の村 (平成18年6月号:横山佳代子)
にぎわいと歴史が光る愛する町をめざして (平成18年4月号:横山佳代子)

イナゴ料理にはみんなが注目。熱湯に入れる瞬間は歓声が上がります(平成19年12月号より)

秋から冬にかけて、妖怪物語の映像作りが行われています(平成20年1月号より)


関連メニュー

お問い合わせ

部署名:企画県民部 広報課

電話:078-362-3018

FAX:078-362-3903

Eメール:kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp