文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > 食・農林水産 > 環境整備 > 農地・ため池・水路 > 多面的機能支払交付金(旧農地・水保全管理支払交付金)

ここから本文です。

更新日:2016年1月4日

多面的機能支払交付金(旧農地・水保全管理支払交付金)

多面的機能支払交付金とは

農業・農村は、食料生産の場であるだけでなく、多面的機能(洪水や土砂崩れの防止、多様な生き物の保全、美しい景観の形成、文化の継承などの役割)を有しており、その恩恵を都市住民も含めた多くの県民が享受しています。

しかし、近年、過疎化・高齢化の進行、農業者の減少等により、農業・農村の多面的機能を支える農地・用排水路など地域資源の適切な保全管理が困難になっています。

このため、平成26年度から始まった「日本型直接支払(多面的機能支払交付金)」により、地域ぐるみで地域資源の保全とその質の向上を図る活動を支援しています。

主な活動

農地・水路等の草刈り、泥上げ、農業用施設の点検・補修・更新、遊休農地の発生防止、地域環境の保全などの活動が行われています。

 草刈り 点検 生き物調査 景観作物

活動組織の構成

活動組織は集落等の単位で、個人の農業者に加え、地域住民、自治会、関係団体などの多様な主体が参画しています。

県全体で約1900の活動組織が設立され、取組率(農業振興地域農用地区域内の農用地の比率)は約8割で全国1位です。

 活動組織

ひょうご水土里のふるさとフォーラム

優れた取り組みを実施した活動組織に対し賞を贈り、その業績をたたえるとともに、全県下の活動組織に取り組みを紹介する「ひょうご水土里のふるさとフォーラム」を開催しています。

 表彰 トークショー オープニング

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:農政環境部農林水産局農地整備課

電話:078-362-3431

FAX:078-341-2101

Eメール:nouchiseibika@pref.hyogo.lg.jp