ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 淡路県民局 > 県民局長メッセージ(淡路県民局・高見 隆)

ここから本文です。

更新日:2019年10月8日

県民局長メッセージ(淡路県民局・高見 隆)

南あわじ市の福良湾に「100年とらふぐ」が出現!

淡路県民局長の高見です。

 

南あわじ市の福良湾に、100年かけて成長したという「100年とらふぐ」が出現しました!

福良といえば通常2年間養殖するトラフグをさらに1年育てて2倍の大きさになった3年とらふぐが有名ですが、
福良湾には100年も育って巨大化した伝説の「100年とらふぐ」が生息しているという。。。

 

先日、福良湾の奥で眠っているのが偶然発見されたんです。

地元福良では天岩戸(アメノイワト)にお隠れになった天照大神(アマテラスオオミカミ)を引き出す
ために宴会を催した神話にちなみ(?)、昨日(10月6日)はワンダーFUGUフェスティバルを開催して
住民こぞって楽しんで、夜には花火まで打ち上げて盛り上がったんです。
すると、とうとうこの「ふくの神」を起こすことに成功したようです!

100年とらふぐ

 

この100年とらふぐをひと目見ることができれば3分寿命が延び、さらに淡路島で3年とらふぐを
食べると1年寿命が延びる、かもしれません。

台風が来ると、またどこかに逃げてしまうかもしれません。急いで見に行きましょう!

Awaji Art Circus 2019オープニングセレモニーに出席しました!

淡路県民局の高見です。

世界中の大道芸人の中から選りすぐりのアーティストが淡路島で1ヶ月にわたりパフォーマンスを繰り広げる
Awaji Art Circus2019がスタートしました。

このイベントは今年で5回目。86ヵ国及び地域404地域692人から厳選された、12ヵ国12組(22人)の
海外アーティストが、超人的な演技や楽しいマジック、すばらしいダンスなどを披露してくれます。

いつ、どこで、どんなアーティストが演技するかはhttp://awajiartcircus.com(外部サイトへリンク) でチェック!

この機会にぜひ淡路島にお越しください。

アワジアートサーカス1

 

 

迫力あるアフリカの民族伝統舞踊

 

アワジアートサーカス2

超人的なハンド・アクロバット!

アワジアートサーカス3

 

バルーンに飲み込まれる!楽しいバルーンショー

アワジアートサーカス4

洲本市の竹内市長がペンの上でのバスケットボール回しに挑戦!
バスケットボールを使ったあっと驚くマジックとダンスのショー

アワジアートサーカス5

 

クラクションを使った楽しいピエロショー

アワジアートサーカス6

 

動きをお伝えできないのが残念!
すばらしいパフォーマンスをぜひあなたの目でご確認ください!

 

オープニングは1グループ数分の短縮バージョンでしたが、観覧者は大喜び!
「今日は大満足やわ!次は「おっタマげ!」行くで」と言う方も。
そうです。パフォーマンスを観た後は、ぜひ他の施設も覗いてみてくださいね!

 

伊弉諾(いざなぎ)神宮で神楽祭が開催されました

淡路県民局長の高見です。

伊弉諾神宮で行われた、「神々のふるさと三大神話神楽祭」に行ってきました。

古くから全国に伝わる神楽。その中でも淡路島を舞台とする「国生み神話」、高千穂への天孫降臨を伝える「日向神話」、ヤマタノオロチ退治などの「出雲神話」は三大神話と言われています。

国生みの淡路島が誇る伊弉諾神宮で、高千穂神社と出雲大社の神楽を招いて競演奉納するのがこの神楽祭です。

最初は「出雲神楽」
スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する様子を迫力満点の舞台で魅せてくれます。

伊弉諾1

 

2番目は「高千穂の夜神楽」
これは天岩戸(アマノイワト)にお隠れになった天照大神(アマテラスオオミカミ)を、アメノウズメノミコトなどの神々が踊って外へお迎えする様子を表現しています。

伊弉諾2

トリは淡路の「国生み創生神楽」。イザナギノミコトとイザナミノミコトが淡路島をはじめとする島々を生み、日本を創り出す様子を表現しています。 

淡路島が生まれた瞬間を、子どもの舞で表現しています。

伊弉諾3

国生み神話のフィナーレ

伊弉諾4

 

いずれも迫力満点で、舞台芸術としてすばらしいレベルのものでした。
来年はオリンピック・パラリンピック、2021年はワールドマスターゲームズ、2025年には大阪・関西万博など、世界的なイベントが目白押しです。そのようななかで、神楽を通じて日本の伝統文化、淡路島の魅力を発信できればと願っています。

あわじ島ウォークが開催されました!

淡路県民局長の高見です。

9月23日秋分の日、洲本市で「あわじ島ウォーク」が開催されました。

今年発足した「あわじ島ウォーキング協会」の主催で、100人を超える参加者がありました。

あわじ島ウォーク1

当日はなんと!トップアスリートたちが応援に駆けつけてくれました!左から
2008年北京パラリンピックの走り幅跳びで日本の義足陸上初の銀メダリストとなった山本 篤さん。

2000年シドニーパラリンピックで車いすバスケットボールに出場した根木 慎志さん。

走幅跳びで世界陸上の代表となった荒川 大輔さん。
世界的なアスリートたちとご一緒できて参加者も大喜び!

当日は台風一過で良いお天気になりましたが、気温30度の暑さ!

みんなで準備運動をしっかりやりました。

あわじ島ウォーク2

10kmコースは州浜橋→炬口台場跡→洲本総合庁舎→栄町→本町→レトロこみち→旧益習館庭園→三熊山 洲本城跡→洲本温泉→シーサイドスカイウォーク→大浜海水浴場→洲本市民広場

5kmコースは州浜橋→炬口台場跡→洲本総合庁舎→栄町→本町→レトロこみち→旧益習館庭園→洲本八幡→淡路文化資料館→大浜海水浴場→洲本市民広場

コースごとに出発です!

あわじ島ウォーク3

今回の大会は、「Road to ワールドマスターズゲームズ2021関西」、そう、2年後に関西で開催される、国際的な生涯スポーツの祭典ワールドマスターズゲームズの先行事業として実施されたんです。

淡路島では、正式競技のビーチバレー(会場:慶野松原)に加え、オープン競技としてウォーキング大会の開催が計画されているんです。

自然に恵まれた淡路島には歩いて回れる見所がいっぱい!魅力あふれるウォーキングコースが開発され、世界中の人たちに淡路島を歩いてほしいと願っています。
皆さんもぜひ淡路島を歩いてみてください!

芸術文化センターで淡路人形浄瑠璃を上演!

淡路県民局長の高見です。

9月21日に西宮の芸術文化センターで行われた、淡路人形浄瑠璃の特別講演に行ってきました。
メインの演目は、「播州皿屋舗」。ってこの演目、ヤバいやつちゃうん?

浄瑠璃1

そこで兵庫県芸術文化協会の山本理事長が差し入れを持ってきてくださいました。

浄瑠璃2

差し入れは、なんと姫路のお菊神社のお札とお守り!
ナイスです理事長!

浄瑠璃3

おかげさまで、公演は、お菊の呪いもなく、大盛況のうちに実施することができました。
山本理事長、ありがとうございました!

ホワイエの特設売店では、人形浄瑠璃のお土産が飛ぶような売れ行き!

浄瑠璃4

お客様が殺到していたのは淡路人形座オリジナル「お鶴ちゃんせんべい」。
お鶴は「傾城阿波の鳴門」という演目に出てくる、まだ見ぬ両親を探して旅する娘のことです。
盗賊として追われる身の両親は、偶然出会ったお鶴の身を案じて追い返してしまいます。
胸を打つ悲しい物語。(こちらもぜひ観てくださいね)
物語を知っているとお鶴ちゃんがかわいそうで食べられない...でも食べるとおいしい...1袋5枚セットなんてすぐたいらげちゃうおいしさ!

浄瑠璃5

南あわじ市の淡路人形座にもぜひおいでください!

浄瑠璃6

淡路人形座では、10月5日にフランスの世界遺産シャンポール城で講演を行う予定です。

淡路人形浄瑠璃は、世界に誇る淡路島の財産です。兵庫県は、全国へ、そして世界へその活動の場が広がるよう、支援していきます。

サルビアが満開です!ーあわじ花さじき

淡路県民局長の高見です。

あわじ花さじきに行ってきました。
淡路島で花を見るのは春だと思ってませんか?さにあらず、秋も見所がいっぱいなんですよ。
あわじ花さじきではサルビアが満開ですばらしい景色です。
お天気も良くて海の向こうまで見渡せました。

燃えるような赤のサルビア。花言葉は「燃える思い」ですよ。さあ、彼女を連れて行きましょう!

花さじき1

 

サルビアは赤だとばっかり思っていたら、最近はパープルの方が人気だそうです。
上品な紫色の絨毯が一面に広がっています!

花さじき2

花を楽しんだ後は、名物の「びわソフトクリーム」をいただきました。
オレンジ色のさっぱりした味わい。
写真撮る前に食べちゃいました。失敗!
あわじ花さじきは花よりソフトかな?
来年3月には展望レストランや空中回廊ができてさらに魅力アップの予定です。
駐車場無料、入園料無料、びわソフト300円。めちゃお得やん。行くしかない!

ナイトウォーク火の鳥キャンペーン中ー県立淡路島公園

淡路県民局長の高見です。

ナイトウォーク

県立淡路島公園ニジゲンノモリにある「ナイトウォーク火の鳥」に行ってきました!
手塚治虫先生のマンガ「火の鳥」をテーマにしたウォークスルータイプのテーマパーク。
自然の森や石垣を利用して、最新のプロジェクションマッピングを使った迫力の光のファンタジーが楽しめます!
90分間歩くのはしんどいかな?と思っていたら、あちこちに隠されたサインや映像、様々な色に照らされた森を眺めながら歩くとあっという間でした。(長い階段を下るので、バギーが使えません。小さなお子様連れはご注意を!)
また、周りが暗いので、満天の星空を堪能できます。淡路島ってこんなに星が見えるのかーと驚きました。

写真をSNSにアップするとくじ引きが引けます。私は3等が当たった、なぜかチコちゃんのメモ帳…1等のTシャツが欲しかったな...
アンケートに答えるとニジゲンノモリボールペンをもれなくプレゼント!

ナイトウォークは夏のイベント?いえいえ、これから涼しくなるので、過ごしやすく、夜空の星ももっときれいになりますよ!オススメです!

9月30日までならオータムキャンペーンで料金が約25%OFFの2,500円でっせ!

淡路島ロングライド150が開催されました!

淡路県民局長の高見です。

自転車で淡路島を1周するサイクリングイベント「2019淡路島ロングライド150」が9月16日に開催され、2000人を超えるサイクリストが淡路島に結集!

ロングライド1

洲本のエイドステーションの様子。すごい数の自転車が集まってます!

ロングライド2

4つのエイドステーションでは、洲本市、南あわじ市、淡路市の皆さんが工夫を凝らしておもてなししてるんです。
おにぎりでエネルギー補給。水分補給も忘れないで!

ロングライド3

クイーン淡路も豚汁(!)でおもてなし。
実はこの豚汁、洲本のシェフが腕を振るった逸品なんですよ~

ロングライド4

兵庫県議会議員の石井先生が初参戦!ライダースーツで決めてチョーかっこいい!

ロングライド5

これから秋になってサイクリングにはピッタリの季節です。
ぜひ淡路島の海岸を走ってみてください。

 

 

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 総務企画室

電話:0799-26-2008

FAX:0799-23-1250

Eメール:awajisom@pref.hyogo.lg.jp