ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 淡路県民局 > 県税は、みなさんの暮らしを支える大切な財源です

ここから本文です。

更新日:2017年12月1日

県税は、みなさんの暮らしを支える大切な財源です

みなさんが納められている県税は、県全体で平成29年度約7,205億円の見込みです。

県の予算額約1兆9,038億円の37.9%を占める貴重な自主財源であり、安全・安心の確保や活力と魅力あふれる地域づくりなど、安全で元気なふるさと兵庫の実現に向けた様々な施策の推進に役立てられています。このうち、淡路県民局では約78億5千万円の収入が見込まれています。

1.淡路県民局の税収について

淡路県民局の平成29年度税収規模(見込み)は78億5千万円で、県全体の1.1%を占めています。

主な税目として、個人県民税が37億31百万円(構成比47.5%)、自動車税が14億44百万円(構成比18.4%)、法人事業税が14億14百万円(構成比18.0%)であり、個人県民税の構成比が47.5%と県全体の同構成比32.5%に比較して高いことが当管内の特色です。

県税は暮らしを支える大切な税金です。納期限までに納めていただく取り組みを進めています。

29グラフ1次

2.ストップ滞納!!12月は税の徴収強化月間です。

12月強化月間H29県(洲本県税事務所)と洲本市、南あわじ市、淡路市の島内3市は、12月を「全島一斉税の徴収強化月間」とし、貴重な自主財源である税収の確保及び税負担の公平性を確保するため「ストップ滞納!!」をスローガンに掲げ、納税に誠意のない滞納者に対して次の取り組みを行います。

1.預金・売掛金等財産の差押え

2.自宅等への強制捜索や自動車へのタイヤロックの装着

3.個人住民税(県民税・市民税)の県と市の共同での催告

街頭キャンペーン

税の自主納付を啓発し、滞納額縮減の推進を啓発するとともに、来年度から県と県内市町で実施する個人住民税の特別徴収一斉指定を周知するため、次のとおり街頭キャンペーンを実施します。

  • 日時:平成29年12月8日(金曜日)午後3時から午後4時
  • 場所:洲本市塩屋1丁目1-8「イオン洲本店」
  • 内容:県税事務所職員及び島内3市徴収担当職員がはばタン・ゆめるん・あわ神とともに啓発品を配布し、税金の自主納付並びに平成30年度からの個人住民税特別徴収の徹底を呼びかけます。

3.滞納になると不利益「延滞金・滞納処分」が発生します

納期限までに納付されなかった場合は・・・

延滞金がかかります

納期限を過ぎても納付されなかった場合には、期限内に納付された方との公平性を図るため、納期限の翌日から納付日までの日数に応じ、延滞金が加算されます。

例えば、税金10万円を2年間滞納し、その後、お支払いいただいた場合(差し押さえも含む)、本税10万円、延滞金17,400円、計117,400円をお支払いいただくことになります。

詳しくは、兵庫県/県税のあらまし県税の納税方法

財産の差押えなどの滞納処分を受ける場合があります

督促状や催告書の発送後もなお、納税していただけない場合には、納期限までにお納めいただいた方との公平を図るために、また、大切な県税を確保するために、財産の差押えを行います。その後、差押えた財産の取立てや公売などの処分を行い、滞納された県税へ充当します。

必ず納期限までに税金を納付しましょう。納税がまだお済みで内場合は、至急納税をお願いします。

税金を納めなかった場合

  1. 差押・捜索などの処分を受けることとなります。
  2. 差押は、預金、給与、不動産、自動車、売掛金、年金、生命保険などあらゆる財産が対象です。
  3. 一度、差し押えられた預金等については、原則として、税金を全額納付されない限りお返しすることはできません。
  4. 捜索にあたっては、自宅や事務所に強制的に立ち入ることになります。

差押の例

〈自動車の差押え〉

差し押さえた自動車にタイヤロックを装着しますので運行不能になります。

本税額および延滞金の納付がないと、差押えは解除できません。

納付がない場合は、自動車を引き揚げて公売(インターネット公売等)の手続きを進めていきます。

〈タイヤロック実施現場〉

ろっく

(県税の滞納)問い合わせ先:収税管理課☎0799-26-2024

4.土地や家屋を取得した場合は不動産取得税がかかります

不動産取得税とは

売買・贈与・交換・建築などによって不動産(土地・家屋)を取得されると、不動産取得税の課税対象となります。

市や町が毎年課税する固定資産税とは違って、不動産の取得時に一度だけ納めていただく県税です。

取得にあたっては、有償であるか無償であるか、登記しているかいないかなどは問いません。

納める人

不動産を取得した人。

不動産取得税の計算方法

納める額

税額=不動産の価格×税率(4%)

不動産の価格マイホーム

  • 売買・贈与・交換などにより取得したとき、市町の固定資産課税台帳に登録されている価格
  • 家屋を新築・増築または改築したとき、固定資産評価基準により評価した価格

(購入したときに実際に支払った代金や建築工事費などの金額とは関係ありません)

価格、税率に関する特例

  • 宅地は、平成30年3月31日までに取得されたものに限り、不動産の価格に2分の1を乗じて税額を計算します。
  • 土地及び住宅は、平成30年3月31日までに取得されたものに限り、税率が4%から3%に軽減されます。

住宅・住宅用地にかかる軽減措置

住宅や住宅用土地の取得について、一定の条件を満たす場合は、さらに軽減措置があります。

Q&A

『いつ納めるの?』『家屋を新築したけど固定資産税より評価額が高い』というような『不動産取得税よくある質問』はこちら

(不動産取得税)問い合わせ先:課税第2課☎0799-26-2028

5.不正軽油は作らない、売らない、買わない、使わない

不正軽油とは?

  • 路上抜取主に灯油やA重油を不正に混ぜて、軽油と称して流通しているものです。
  • 不正軽油は悪質な脱税行為であり、環境汚染の原因にもなっています。
  • 不正軽油の流通は、公正な市場競争も阻害します。

次のような場合は、「不正軽油」かもしれません!

  • 市価に比べて異常に価格が安い。
  • 廃工場や空き倉庫などから油臭、刺激臭がする。
  • 夜間や早朝に不審なタンクローリーの出入りが多い。
  • 不審な業者から、燃料の売り込みや、土地や工場を借りたいとの申し入れがある。

不正軽油に関する情報は、『不正軽油ホットライン』まで!

  • 情報提供先:税務課(不正軽油特別対策官)078-361-8593
  • 情報提供先:神戸県税事務所(軽油調査課)078-361-8528

不正軽油に関わる人は、すべて罰せられます!

路上抜取現場2不正軽油の製造、販売、使用はもちろん、不正軽油に使用されることを知りながら材料を提供・運搬した人、不正軽油を製造する場所を提供した人なども重い罰則が適用されます。

兵庫県では、車両タンクの路上抜取調査、事業所地下タンクの抜取調査、不正軽油の不買指導、製造・販売・使用の摘発等に取り組んでいます。

ご協力をお願いいたします。

 

近畿府県不正軽油追放強調月間としての取り組み

淡河PA近畿2府4県(滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県)では、平成8年度より、毎年10月を「近畿府県不正軽油追放強調月間」と定め、平成29年度も国道、県道等で軽油を燃料とする自動車(トラック、ダンプカー等)の燃料タンクから燃料油を抜き取って分析し不正軽油使用の有無等を調査する路上抜取調査をはじめ、軽油を扱うガソリンスタンドや消費者等への調査や啓発活動等を実施しました。

特に、10月17日及び18日には全国47都道府県が連携し、「全国一斉路上軽油抜取調査」として、主要幹線道路等で一斉に路上抜取調査を実施しました。県内では山陽自動車道淡河PA、国道290号(赤穂市新田検問所)、国道312号(養父市宿南)の3箇所にて、56台の車両から軽油を採取、分析調査を実施しました。

(軽油引取税)問い合わせ先:課税第2課☎0799-26-2030

6.事業主の皆様へ「所得税と同様に、個人住民税の特別徴収も実施されていますか?」

兵庫県及び県内41市町は、平成30年度から個人住民税の特別徴収を徹底します!!

個人住民税の税収確保、納税者の利便性向上及び法令遵守の徹底を図るため、兵庫県と県内41市町は、平成30年度から、原則として全ての事業者を特別徴収義務者に指定し、個人住民税の特別徴収(天引き)を完全実施していただく、一斉指定の取組を行うこととしました。
今後、県と市町が連携・協力し事業主や従業員の皆様に周知を図りながら取組を進めることとしていますので、ご理解とご協力をお願いします。
詳しくは「個人住民税の特別徴収」をご覧ください。

(県税の徴収)問い合わせ先:収税管理課☎0799-26-2024、(個人住民税)問い合わせ先:課税第1課☎0799-26-2032

7.「税を考える週間」における取り組み

「税を考える週間」(平成29年11月11日(土曜日)から17日(金曜日))として、洲本税務署・淡路県民局・島内3市・淡路地区租税教育推進協議会等が協力して、納税意識の高揚及び税の仕組みや役割など税に対する理解を図るための広報啓発活動を実施しました。

税に関する作品展

29イオン小学生の書道・ポスター及び中学・高校生の作文の入賞作品を展示しました(平成29年11月11日(土曜日)から19日(日曜日))。

  • 洲本市:イオン洲本店(2階西側エレベータ横)
  • 南あわじ市:シーパ(センターコート)、美菜恋来屋(フードコート横)
  • 淡路市:アルクリオ(アルコート(テレビ前))

「税を考える週間」街頭PR作戦

イオン洲本店において、啓発品を配布し「税を考える週間」を広報しました(平成29年11月10日(金曜日))。

納税表彰式

納税意識の向上など税務行政の推進に顕著な功績のあった方を表彰しました。

  • 日時:平成29年11月15日(水曜日)午後2時から午後3時30分
  • 会場:夢海游淡路島(洲本市)4階「まほろばの間」
  • 内容:洲本税務署長表彰、淡路納税協会会長感謝状、淡路納税貯蓄組合連合会会長感謝状贈呈、中学生の優秀作文朗読

優良特別徴収義務者等に対する知事感謝状の贈呈

浦瀬ゴルフ場利用税及び軽油引取税の特別徴収義務者等の中から、これらの税の重要性をよく認識し、申告納入(付)の義務を積極的に履行するとともに率先して納税思想の高揚に努め、他の範となると認められる下記の者に対し、知事感謝状を贈呈しました。

  • 浦瀬石油株式会社(南あわじ市福良甲522-1)

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 洲本県税事務所

電話:0799-26-2021

内線:231

FAX:0799-24-3584

Eメール:sumotoknz@pref.hyogo.lg.jp