ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 洲本県税事務所からのお知らせ〈12月号~税の徴収強化月間~〉

ここから本文です。

更新日:2020年12月21日

洲本県税事務所からのお知らせ〈12月号~税の徴収強化月間~〉

12月は、「税の徴収強化月間」です。

『1.ストップ滞納!!12月は税の徴収強化月間です!』では、次の3項目について特集しています。

  1. 徴収対策の強化
  2. 税を滞納すると、あなたにとって不利益に・・・
  3. 税金は納期限までに納めましょう

1.ストップ滞納!!12月は税の徴収強化月間です!

兵庫県(洲本県税事務所)と洲本市、南あわじ市、淡路市の島内3市は、12月を「全島一斉税の徴収強化月間」とし、貴重な自主財源である税収の確保及び税負担の公平性を確保するために、「ストップ滞納!!」をスローガンとして掲げ、次の取組みを行います。

徴収対策の強化

納税に誠意のない滞納者や悪質滞納者等に対して、徴収対策を強化します。

財産の差押え

預貯金・給与・年金・生命保険・自動車・不動産・売掛金等、

あなたのあらゆる財産が差押えの対象となります。

捜索やタイヤロック

自宅や事務所等へ強制的に立ち入り、公売可能な財産の差押えを行います。

また、自動車の車輪にタイヤロックを施して運行不能にさせ、公売の手続きを進めます。

 

これらの滞納処分は、納期限を過ぎ、督促状や催告を受けてもなお税金を納付されない場合に、納期限までにきちんと納付された方との公平性を図るため、また、大切な税金を確保するために行い、取立てや公売などにより滞納されている税金に充当します。

 

なお、滞納処分を受けた財産については、原則として延滞金を含めた全額を納付していただかないと差押えを解除することはできません。

税金を滞納すると、あなたにとって不利益に・・・

延滞金がかかります

納期限を過ぎてから納付された場合には、期限内に納付された方との公平性を図るため、法律に基づき納期限の翌日から納付日までの日数に応じて延滞金が加算されます。

今年(1月1日から12月31日まで)の延滞金の計算は以下のとおりです。

  • 納期限の翌日から1ヵ月を経過する日までの期間は、その日数に応じ、年2.6%の割合で計算した金額
  • 納期限の翌日から1ヵ月を経過した日以降の期間は、その日数に応じ、年8.9%の割合で計算した金額

(注意)延滞金の割合は、年により変動します。

例えば、税金10万円を2年間滞納し、その後、お支払いいただいた場合(差し押さえも含む)、本税10万円、延滞金17,200円、計117,200円をお支払いいただくことになります。

「延滞金なんて…」と軽く考えてはいけません。兵庫県では、延滞金も本税と同様に徴収対策を強化しており、納付していただけない場合には滞納処分を行います。

納税方法について、詳しくは『兵庫県税の納税方法』をご覧ください。

差押えの例

〈自動車の差押えの例〉

差し押さえた自動車にタイヤロックを装着しますので運行不能になります。

延滞金を含めた全額の納付がないと、差押え及びタイヤロックは解除できません。

納付がない場合は、自動車を引き揚げて公売(インターネット公売等)の手続きを進めていきます。

タイヤロック実施現場〉

ろっく

税金は納期限までに納めましょう

税金は私たちが日々暮らしていくために重要な役割を担っており、教育・福祉・公共整備などの様々な事業を進めるための貴重な財源となっています。

税金を滞納することは、納期内に納付している多くの方との公平性を欠くことになります。また、県の財政を圧迫し、住民サービスに支障をきたすことになりますので、必ず納期限までに納めましょう。

もし税金を滞納すると、数々の不利益を受けることになります。滞納処分については督促状などでの納付催告後、予告なしに行うこともあります。

例えば、「自動車税は車検を受けるときに払えばいいや。」「少しくらい納期限を過ぎても大丈夫。」と考えておられませんか?

税金を納期限までに納めない場合は、法律に基づき、滞納している方の財産を差し押さえることになります。

自動車税、個人事業税、不動産取得税など、税金の納付がお済みでない方は至急納税をお願いします。

納付困難な事情等がある場合は放置せずに、必ず県税事務所へご相談ください!!

(県税の滞納・納税に関するご相談)お問合せ先:収税管理課0799-26-2024

自動車税について、「手放した自動車の納税通知書が届いた。」「壊れていて乗っていない自動車にも税金はかかるの?」などの質問については、『自動車税よくある質問』をご覧ください。

2.土地や家屋を取得した場合は不動産取得税がかかります

不動産取得税とは

売買・贈与・交換・建築などによって不動産(土地・家屋)を取得されると、不動産取得税の課税対象となります。

市や町が毎年課税する固定資産税とは違って、不動産の取得時に一度だけ納めていただく県税です。

取得にあたっては、有償であるか無償であるか、登記しているかいないかなどは問いません。

納める人

不動産を取得した人

不動産取得税の計算方法

納める額

税額=不動産の価格×税率(4%)

不動産の価格

  • 売買・贈与・交換などにより取得したとき…市町の固定資産課税台帳に登録されている価格
  • 家屋を新築・増築・または改築したとき…固定資産評価基準により評価した価格

(購入したときに実際に支払った代金や、建築工事費などの金額は関係ありません。)

価格、税率に関する特例

  • 宅地は、2021年3月31日までに取得されたものに限り、不動産の価格に2分の1を乗じて税額を計算します。
  • 土地及び住宅は、2021年3月31日までに取得されたものに限り、税率が4%から3%に軽減されます。

住宅・住宅用地にかかる軽減措置

住宅や住宅用土地の取得について、一定の条件を満たす場合は、さらに軽減措置があります。

 

『いつ納めるの?』『家屋を新築したけど固定資産税より評価額が高い』などの質問については、『不動産取得税よくある質問』をご覧ください。

(不動産取得税)お問い合わせ先:課税第2課0799-26-2028

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 洲本県税事務所

電話:0799-26-2028

内線:242

FAX:0799-24-3584

Eメール:sumotoknz@pref.hyogo.lg.jp