ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 計画・環境(河川整備) > 三原川水系入貫川総合内水対策計画の策定について

ここから本文です。

更新日:2011年4月7日

三原川水系入貫川総合内水対策計画の策定について

淡路県民局管内の三原川水系入貫川において、総合内水対策計画を策定しました。

三原川水系入貫川総合内水対策について

 南あわじ市の三原川水系は、河口付近の標高が低い場所が多く、内水対策が必要な地域です。昭和54年の激甚災害後も度重なる浸水被害が発生し、特に、平成16年10月の台風23号では、内水域の浸水に外水の越水・破堤が加わり、半壊家屋63戸、床上浸水家屋274戸、床下浸水家屋643戸の甚大な被害に見舞われました。
 その対策として、入貫川流域においては、平成22年3月に策定した三原川水系河川整備計画を基に、入貫川総合内水対策計画を策定し、ハードおよびソフト対策を兵庫県と南あわじ市で実施します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 洲本土木事務所

電話:0799-26-3221

FAX:0799-24-4513

Eメール:sumotodoboku@pref.hyogo.lg.jp

部署名:淡路県民局洲本土木事務所河川砂防課
電話:0799-22-3541
FAX:0799-24-4533