ホーム > 地域・交流・観光 > 地域づくり・県民運動 > 淡路県民局 > (淡路地域)平成29年度地域づくり活動応援事業の募集について

ここから本文です。

更新日:2017年4月6日

(淡路地域)平成29年度地域づくり活動応援事業の募集について

さまざまな地域団体は、地域に根ざした活動を通じて、地域コミュニティを支え、こころ豊かな美しい淡路、環境立島あわじの実現に重要な役割を果たしています。地域団体が、協働のネットワークを広げることなどにより、地域社会の協働利益の実現を図る取組や、活動基盤の形成支援を図る取組に対して支援します。

【募集期間】平成29年4月3日(月曜日)から5月12日(金曜日)

助成内容について

対象団体

一定の地域を基盤に地域活動を行う団体(いわゆる地域団体)が対象となります。

地域団体とは?(助成事業を実施する上での定義)

1.淡路地域の中で一定の区域を基盤とし、地域に根ざした活動(概ね1年以上)をしていること。

2.地域における多数の世帯・住民で構成されていること。

3.活動を行う地域の世帯・住民が自由に加入可能であること。

4.規約・代表者を決めていること。

例えば、自治会、婦人会、老人クラブ、子ども会、消費者団体、いずみ会、まちづくり協議会、防犯協会、交通安全協会、青少年育成団体など(営利団体、宗教団体は対象になりません。)。

助成金額

1.地域づくり活動応援(パワーアップ)事業

1件あたり50千円~400千円以内

2.地域づくり活動プラットフォーム形成支援事業

1件あたり50千円~300千円以内

支援会議の審査の結果によっては、助成金の大幅な減額や助成対象外となる場合があります。

補助率10分の10(定額)

対象事業

1.地域づくり活動応援(パワーアップ)事業

地域団体が、他の地域団体と協働して取り組む地域社会の協働利益の実現を図る取組であり、次の要件を満たすものとする。

(採用基準)*次のいずれにも該当する事業であることが条件になります。

地域団体の企画力の強化や組織基盤・事務局機能の強化等につながる新しい取組であること。

他の地域団体のモデルとなること。

地域社会の問題解決(共同利益の実現)につながること。

事業の実施に当たって、申込団体を除く1以上の団体と協働で取り組むものであること。ただし、2団体以上で実行委員会組織等を設け実施する場合は、この限りでない。

 

2.地域づくり活動プラットフォーム形成支援事業

地域団体のネットワーク化を促すことにより、活動基盤(プラットフォーム)の形成支援を図る取組であり、次の要件を満たすものとする。

(採用基準)*次のいずれにも該当する事業であることが条件になります。

島内の地域団体が一堂に会して行う意見交換会の開催や、地域団体相互の活動のマッチング支援など、地域団体のネットワーク化を促す取組であること。

地域団体の活動基盤の形成を支援することを目的とした取組であること。

申込団体を除く2団体以上の活動基盤の形成につながること。ただし、3団体以上で実行委員会組織等を設けて事業を実施する場合は、この限りでない。

従前の事業の枠を超えた新しい取組であること。

 

次のような事業は対象とはなりません。

1.平成28年度までに当事業で助成を受けた事業と同じ内容の事業

2.財産の形成又は営利を目的とする事業

3.宗教活動又は政治活動を目的とする事業

4.反社会的活動又は公序良俗に反する活動を目的とする事業

5.毎年実施している地域の祭り、単なる備品購入、施設整備等で完結する事業

6.本事業の他に兵庫県及び兵庫県の外郭団体から助成を受けている事業

7.事業提案会までに事業が完了する事業

助成の対象となる事業の実施期間

平成29年4月1日から平成30年2月28日

ただし、事業提案会の実施日までに事業が完了する場合は助成対象外となります。

助成の対象経費(詳細は別紙「助成の対象経費の取扱いについて」をご参照ください)

1.助成対象となる経費

講師謝金、講師旅費(実費弁償)、消耗品費、印刷製本費等

その他、審査の結果必要と認められた経費

2.助成対象とならない経費

日常的な活動経費、スタッフの人件費・雑費等

なお、領収書の写しが添付されない経費は対象となりません。

申請方法

募集期間

平成29年4月3日(月曜日)から平成29年5月12日(金曜日)必着

申請書提出先

こころ豊かな美しい淡路推進会議事務局

〒656-0021

洲本市塩屋2丁目4番5号(淡路県民局県民交流室県民・商工労政課内)

申請書類に必要事項を記入のうえ、上記の場所にお持ちください。(郵送不可)

受付時間は平日の9時00分~17時00分(但し12時00分~13時00分を除く)

ヒアリングの実施

申請書の受付の際に、簡単なヒアリングを実施させていただきます。

申請受付後に、事務局で事前の書類審査を実施します。その結果、内容確認等で淡路県民局まで再度お越しいただくことがあります。

審査基準等

選考方法

提出していただいた申込書をもとに、事業提案会にて各団体から申請内容についての発表をしていただきます。その後、支援会議にて有識者等による審査で、助成対象事業、助成金額を決定します。

事業提案会では、今回の事業が地域のパワーアップにどうつながっていくのか、地域団体相互のネットワーク化にどうつながっていくのかなどを中心に発表していただく予定です。

審査結果

支援会議の審査の結果に基づき、各団体に事業実施の可否、助成金額についての内示を行います。内示の内容で事業実施を行う旨の意向が確認できた団体に対して、助成金の交付決定を行います。

助成決定事業については、事業名、団体名、対象区域、事業内容、助成金額を淡路県民局ホームページに掲載します。

助成金の支払い等

事業実施報告書の提出

事業完了後30日以内に地域づくり活動応援事業実施報告書を提出していただきます。事業実施報告書の提出がない場合、助成金の交付決定は取り消しとなります。

助成金の支払い

実施報告書を審査のうえ、当該事業の成果が交付決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認められるときは、助成金請求書により、指定された口座へ助成金を振り込みます。

必要と認められる場合は、一回に限り前払い(上限額は助成金額の半額)をすることができます。

報告会の開催等

平成30年3月中旬に開催予定の「交流・報告会」に必ずご出席いただき、取り組みの概要と事業で得られた成果等を報告していただきます。

募集チラシ(PDF:433KB)

事業のイメージ、対象経費(PDF:157KB)

助成金申込書(ワード:98KB)

助成金申込書(記載例)(PDF:260KB)

年間スケジュール(PDF:62KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:淡路県民局 県民交流室 県民・商工労政課

電話:0799-26-2046

内線:306

FAX:0799-24-6934

Eメール:awajikem@pref.hyogo.lg.jp