ホーム > イベントカレンダー > 特別展「新宮 晋の宇宙船」(兵庫県立美術館)

ここから本文です。

更新日:2017年1月19日

特別展「新宮 晋の宇宙船」(兵庫県立美術館)

shingu

概要

本展のみどころ

・風や水など自然のエネルギーで動く彫刻で世界的に知られる新宮 晋の今までで最大規模の個展です。
・ほぼ全ての作品が、今回の展覧会のために制作された新作です。
・美術館の空間全体をひとつの「宇宙船」と捉え、地球のさまざまな場所を旅するかのように巡っていただく展覧会です。

・エレベーターホールや屋外など、展示室以外にも作品を設置します。安藤忠雄の建築空間との響き合いは必見です。
・全ての作品が風や水の力で動きます。動きの美しさや、面白さに加え、足元にある作品が少ないので小さなお子様との鑑賞にもおすすめです。

開催趣旨

 兵庫県三田市にアトリエを構える新宮 晋(1937-)は、風や水など自然の力で動く作品で世界的に知られる芸術家です。幼い頃から絵や工作が得意だった新宮は、東京藝術大学で油絵を学んでいましたが、卒業後に渡ったイタリアで、風で動く作品の魅力に気づき、自然エネルギーにより動く立体作品の制作を始めました。帰国翌年の1967(昭和42)年に日比谷公園で開催した個展で注目され、1970(昭和45)年の大阪万博では出品作家のひとりに選ばれます。以後、世界各地の室内外の公共空間に作品設置を続け、その数は160点に上ります。特に、1994(平成6)年、建築家レンゾ・ピアノが設計した関西国際空港ターミナルビルに設置された作品は、循環する空気の流れを美しく見せ、建築と彫刻が響き合う好例として高く評価されました。兵庫県内でも、JR神戸駅前の《海からのたより》や三田市の青野ダム公園の《水の木》等、多くの新宮彫刻を目にすることができます。近年では、兵庫県立有馬富士公園に「新宮 晋 風のミュージアム」がオープンし、人々が自然の中で憩いながら彫刻を楽しむことが出来るようにもなりました。一方、新宮は、こうした制作と並行して、ヨーロッパとアメリカの諸都市を回る野外彫刻展「ウインドサーカス」や、作品設置を通して世界各地の先住民と交流する「ウィンドキャラバン」等のアートプロジェクトを精力的に展開し、自然の素晴らしさと、人間と自然の関係を問うてきました。既存の枠に収まらないこうした活動は高く評価され、現在も世界を舞台に活躍を続けています。
 本展では、自然に恵まれた地球を「奇跡の星」と考える新宮が、展覧会の空間全体をひとつの「宇宙船」と捉え、新作を中心とする約15点を出品します。安藤忠雄による建築空間とのコラボレーションが見所のひとつとなるでしょう。さらに、これまで各地で開催されてきたプロジェクトの映像や、子どもたちに人気の絵本、彫刻の模型、自然の力で自立する未来の村「ブリージング・アース」のプランなどを加え、新宮の世界を総合的に紹介します。風や水の力により複雑で心地よい動きを見せる作品を通して、地球の力を感じ、自然が持つ魅力に改めて目を向けるきっかけとなれば幸いです。

関連イベント

アーティストトーク「この星に生まれて」 
講師:新宮 晋(アーティスト)
3月19日(日曜日)14時00分 ~(約90 分)
ミュージアムホール(定員250 名)
聴講無料(要観覧券)
記念講演会「芸術の力(仮)」
講師:安藤忠雄 (建築家)
3月26日(日曜日)13時00分 ~(約60 分)
ミュージアムホール(定員250 名)
聴講無料(要事前申込・先着順、要観覧券)
申込方法:メール本文に1.氏名(ふりがな)、2.電話番号を明記の上、
 ando@artm.pref.hyogo.jpまでお申し込み下さい。
締切り:3月12日(日曜日)
こどものイベント「凧をつくろう」
5月5日(金・祝)10時30分 ~ 15時30分
講師:新宮 晋(アーティスト)
定員30 名
要事前申込・要参加費
問合先:こどものイベント係 tel.078-262-0908
未就学児のための鑑賞会「いちごツアー」
3月29日(水曜日)、4月13日(木曜日)、4月22日(土曜日)
各日10時30分 ~(約30 分)
定員5 家族程度
要事前申込・参加無料(要観覧券)
問合先:こどものイベント係 tel.078-262-0908
映画上映会「ブリージング・アース:新宮 晋の夢」
トーマス・リーデルスハイマー監督(2012 年/ 93 分)
3月25日(土曜日)18時00分 ~ 19時33分
4月22日(土曜日)18時00分 ~ 19時33分
4月23日(日曜日)14時00分 ~ 15時33分
ミュージアムホール(定員250 名)
視聴無料(要観覧券、上映の30 分前に開場)
ミュージアム・ボランティアによる解説会
毎週日曜日11時00分 ~(約15 分)
レクチャールーム(定員100 名)
聴講無料


開催期間

  • 2017年3月18日(土曜日)~2017年5月7日(日曜日)

開催場所

会場名 兵庫県立美術館
会場住所 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1(HAT神戸内)
会場へのアクセス

電車

阪神岩屋駅(兵庫県立美術館前)から南へ徒歩約8分

JR神戸線灘駅南口から南へ徒歩約10分

阪急神戸線王子公園駅西口から南西へ徒歩約20分

バス

JR三ノ宮駅から、阪神バス「HAT神戸行き」、神戸市バス「101系統」「29系統」にて約15分、「県立美術館前」下車すぐ。

阪神高速3号神戸線「摩耶ランプ」から「摩耶ランプ南」交差点を西へ。「摩耶ランプ」から約5分。

国道2号線から「岩屋中町4」交差点を南へ。

地下有料駐車場・・乗用車80台

団体バス待機所・・要事前予約

地図 地図

主催

兵庫県立美術館 神戸新聞社

お問い合わせ先

主催者名 兵庫県立美術館
住所 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
電話 078-262-0901
FAX 078-262-0903

関連メニュー

開館時間

10時00分~18時00分(入場は17時30分まで)

特別展開催中の金・土曜日は夜間開館~20時00分(入場は19時30分まで)

休館日

月曜日(祝休日の場合は翌日)

観覧料金

                 当日         特別割引・団体
一般        1,300 円        1,100 円
大学生        900 円          700円

高校生・65歳以上   650円      550円(団体のみ)
中学生以下無料
※特別割引は一般・大学生のみ。
※主なチケット販売場所:チケットぴあ(Pコード:768-095)、ローソン(Lコード:54529)、セブンイレブン、イープラス、CNプレイガイドほか京阪神のプレイガイド。
※障がいのある方は各当日料金の半額(65歳以上除く)。その介護の方1名は無料。
※割引を受けられる方は、証明できるものをご持参の上、会期中美術館窓口で観覧券をお買い求めください。
※県美プレミアムの観覧には別途観覧料金が必要です(本展とあわせて観覧される場合には割引あり)。

お問い合わせ

部署名:兵庫県立美術館  

電話:078-262-0901

FAX:078-262-0903