ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療機関 > がん診療連携拠点病院の指定について

ここから本文です。

更新日:2014年11月10日

がん診療連携拠点病院の指定について

兵庫県立病院では、県下で唯一のがん専門病院である県立がんセンター(旧称 県立成人病センター)において、県立粒子線医療センター等と連携を図りながら、高度で専門的ながん治療を実施し、全国的に高い評価を受けており、がん診療機能の一層の高度化を目指して、PET-CTなどの先端医療機器の導入や腫瘍内科、緩和医療科の新設、鏡視下手術の拡大など、診療機能の充実を行っています。


全国どこでも質の高いがん医療を提供できる体制を確保するため、平成19年1月に県立淡路病院とがんセンターが、平成20年2月には県立柏原病院が地域がん診療連携拠点病院として指定を受け、がんの診療支援、紹介患者の受け入れや、教育・研修の実施など地域の医療機関との連携を推進するとともに、緩和ケアチームの設置や、相談支援体制を整備するなど質の高い医療を実施しています。


さらに、がんセンターは都道府県がん診療連携拠点病院としても平成19年1月に指定されており、県内のがん診療連携を推進する中心的な機能を担うべく、都道府県がん診療連携協議会を設置し、地域がん診療連携拠点病院等のがん専門医に対する研修やがん医療に関する全県的な情報収集・提供などを行っています。


今後とも、県民の皆様に安心して質の高いがん医療を受けていただけるよう、がん診療機能の一層の充実や他の医療機関との連携の強化に取り組み、がん患者等に対する相談支援など、がん対策の充実強化に取り組んでまいります。


関連メニュー

お問い合わせ

部署名:病院局 企画課

電話:078-362-3299

FAX:078-351-2883

Eメール:byouinkikakuka@pref.hyogo.lg.jp