ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 県立病院建替整備等 > 県立淡路病院建替整備基本計画」の策定について

ここから本文です。

更新日:2008年12月24日

県立淡路病院建替整備基本計画」の策定について

 県立淡路病院は、施設の老朽化・狭隘化への対応や医療機能の充実を図るため建替整備を検討していましたが、県立淡路病院建替整備基本計画を下記のとおり決定しましたのでお知らせします。

県立淡路病院建替整備基本計画」の策定について

救急医療を含む専門的な急性期医療等の提供

(1) 心疾患医療

 急性期の患者を中心に、冠動脈手術、経皮的冠動脈形成術等による質の高い集学的医療を提供するとともに、身体的機能の回復のための心疾患リハビリテーションを提供

(2) 脳血管疾患医療

 急性期の患者を中心に、X線診断、血栓溶解療法、外科的治療等による質の高い集学的医療を提供するとともに、後遺症を最小限にとどめるための急性期リハビリテーションを提供

(3) 救急医療

 救急医療機関の役割分担と連携により、「3次救急病院」として心筋梗塞、脳卒中、頭部損傷等の重篤な救命救急患者に質の高い医療を提供

(4) 小児救急医療

 小児救急医療機関の役割分担と連携により、重篤な小児救急患者に質の高い医療を提供

(5) 周産期医療

 「地域周産期母子医療センター」として、ハイリスク妊婦及びハイリスク新生児を受け入れ、高度で専門的な医療を提供


地域がん診療連携拠点病院として、専門的ながん医療の提供

(1) 外科療法、化学療法、放射線療法を駆使した質の高い集学的医療を提供

(2) 緩和ケアチームによる緩和医療の提供

(3) 療養上の相談の実施及びがんに関する各種情報の収集・提供


災害時における医療の確保

(1) 「災害拠点病院」として他の医療機関で対処できない被災患者の受け入れ・治療・トリアージ

(2) 救護班の派遣等を行うための機能強化


その他政策医療の提供

精神医療、結核医療、感染症医療、神経難病医療等を提供

実施する主な医療

診療体制

(1) 専門センター制の導入

 1つの病棟に内科系・外科系など、複数診療科の医師を配置し、急性期の患者に対して集学的な医療を効果的かつ効率的に提供するため、専門センター制を導入する。

(2) 救命救急センターの設置

 心筋梗塞、脳卒中、頭部外傷、多発外傷等の救急患者に対応する3次救急医療機能として地域救命救急センター(10床)を整備する。


  病床規模

 

現行

計画

差引

一般病床

377

377

0

結核病床

26

15

△11

精神病床

45

45

0

感染症病床

4

4

0

452

441

△11








 





結核病床は、淡路圏域における唯一の病床を持つ病院であるが、病床利用率が低い(平成11~18年度平均48.2%)ため、利用率が80%以上となるよう病床を削減する。


施設の概要

移転整備地:洲本市塩屋1丁目(旧カネボウ電子跡地)

敷地面積:約30,000平方メートル

延べ床面積:33,000平方メートル程度  


事業スケジュール

年度

内容

平成20年度

 設計に向けた準備

平成21年度~22年度(上期)

 基本設計・実施設計

平成22年度(下期)~24年度

 建設工事

平成25年度

 供用開始

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:病院局 企画課

電話:078-362-3299

FAX:078-351-2883

Eメール:byouinkikakuka@pref.hyogo.lg.jp