ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療機関 > 県立病院看護師(正規職員)の研修・キャリア開発支援

ここから本文です。

更新日:2014年8月28日

県立病院看護師(正規職員)の研修・キャリア開発支援

このページでは、県立病院で働く看護師(正規職員)の研修キャリア開発支援について説明します。ポイントはばタン

 研修

県立病院では、体系的に研修を行い、職員一人ひとりの能力水準の向上を図っています。

1.兵庫県立病院看護師キャリア開発ラダー

勉強はばタン

「兵庫県立病院看護師キャリア開発ラダー」とは、ジェネラリストナースのキャリア開発指標を示したものです。職員一人ひとりが、個人の能力やライフスタイルに応じてキャリアをデザインし、看護師として成長し続けることができるように支援します。

〈キャリア開発ラダーイメージ図〉

 

ラダー

2.段階別教育

(1)新人看護師教育5つのポイント~一人ひとりのあゆみを大切に~研修風景

県立病院で必要とされる知識や必要な技術を習得できるよう支援します。

A.プリセプター制と全職員での支援をMIXした体制

プリセプターが責任を持って、そしてスタッフみんながあなたの成長をバックアップします。

B.段階的な基礎看護技術の習得

C.集合研修と現場教育のリンク

各病院において、年に15回程度、計画的に実施し、新卒サポートプログラムを実施し、入職3ヶ月を目安に夜勤に入ります。

D.教育担当看護師長の配置

研修を企画・立案するとともに、精神面、技術面などあらゆる面からサポートします。

E.県立病院全体での研修による同期との交流

4月(6月)と9月に各病院の看護師を集めて新任研修・フォローアップ研修を行います。

(2)既卒看護師教育の5つのポイント~一人ひとりの経験を活かす~

民間病院等でキャリアを積んでこられた方や育児などにより臨床現場を離れていた方がスムーズに県立病院の業務を遂行できるよう支援します。

A.プリセプター制と全職員での支援をMIXした体制

プリセプターが責任を持って、そしてスタッフみんながあなたの成長をバックアップします。

B.既卒者サポートプログラムに沿った研修

C.経験に応じた実践拡大

D.集合研修と現場教育のリンク

各病院で職場適応を支援します。

E.教育担当看護師長の配置

研修を企画・立案するとともに、精神面、技術面などあらゆる面からサポートします。

(3)ステップアップ教育~レベル別にさまざまな研修を実施~

看護倫理、リーダーシップ基礎編・実践編、臨床指導者、マネジメント研修などのレベルに応じた研修を実施しています。

 キャリア開発支援

県立病院では、多種多様な支援制度を設け、職員の一人ひとりのキャリア開発を進めています。

1.専門看護師・認定看護師の養成

応援はばタン

兵庫県立病院では、高度専門的な医療を提供すべく、専門看護師、認定看護師養成に力を入れています。現在、専門看護師6分野16名、認定看護師21分野82名(平成26年8月現在)が、高度専門的な知識や技術を活用して看護を行っています。

cns

CNS報告会風景

 

また、各県立病院の専門看護師・認定看護師が集まって毎年1回実践報告会を開催しており、臨床で実践して習得した知識や技能などの情報の共有を図り、より質の高い看護を目指しています。

2.民間病院等派遣研修

民間病院等で行われている先進的な看護手法を習得し、より質の高い看護を提供すべく、民間病院等へ職員を派遣しています。派遣された職員は、職場に戻ったあと、習得した看護手法をフィードバックし、県立病院の看護水準の向上に資しています。

3.県立病院長期研修

県立病院には毎年10月に異動の希望を申告する制度がありますが、異動をしなくても高度専門医療を担う県立病院の視野や看護実践能力を拡げるべく習得したいことがあれば所属以外の県立病院で働く機会があります。これは11の病院を抱える県立病院ならではの特色です。

4.修学費用支援

県立病院では、各種資格習得のための就学費用を支援しています。現在、上記の認定看護師、経営感覚を身に付けるためのMBA(県立大学経営大学院)、診療報酬分析のプロである診療情報管理士の資格習得のための修学費用を支援しています。

5.進学支援

大学院等で高度な看護を学びたいという職員に対しては休職の制度を活用して学業に専念できる環境を整えています。

関連メニュー

お問い合わせ

部署名:病院局 管理課

電話:078-362-3296

FAX:078-362-3322

Eメール:byouinkanrika@pref.hyogo.lg.jp