ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療機関 > 兵庫県中播磨保健医療圏域における医療体制の整備について

ここから本文です。

更新日:2017年11月10日

兵庫県中播磨保健医療圏域における医療体制の整備について

兵庫県中播磨保健医療圏域は姫路市、及び神崎郡神河町、市川町、福崎町で構成されており、当圏域では154床(平成29年10月1日現在)の空き病床が生じています。

ついては、下記のとおり、兵庫県保健医療計画の推進のため、圏域健康福祉推進協議会における審議に基づき病床配分を行いますので、当圏域内における病床の新設・増床を希望される場合は、兵庫県中播磨健康福祉事務所企画課あてご連絡の上、下記の書類により応募してください。

 

1.配分予定病床数 154床

ただし、精神・結核・感染症病床は対象外です。

また、圏域健康福祉推進協議会における審議までに、医療機関より病床の返還があった場合は配分予定数に追加するものとします。

 

2.提出書類

本ページで配布している、「病床配分に係る病院開設計画書」、「病床配分に係る病院増床計画書」、「病床配分に係る診療所病床設置(増床)計画書」のいずれかを提出ください。(全てA4サイズでご準備ください。)

 

3.提出期限

平成29年12月11日(月曜日)17時00分

必ず電話で予約の上、上記2の提出書類を2部、兵庫県中播磨健康福祉事務所企画課にご持参ください。

 

4.応募基準

応募者は、次の基準をすべて満たしている必要があります。 

  1. 医療法第7条第1項の規定に基づく病院若しくは診療所の開設者又はその予定者であること。
  2. 配分された病床について、すみやかに新規開設・増床を実施するための次の条件を満たしていること。
    • 応募者が十分な資力を有し、病床整備に係る具体的な資金計画があること。
    • 移転・増築等で土地取得を伴う場合は、具体的な取得計画があること。
    • 病床整備に伴う人員確保の計画があること。  

(注意)

ア 配分された病床について平成30年3月31日までに次表に定める許可を得られない場合は、配分された病床の返還を求めることがあります。

区分

得るべき許可

① 病院又は診療所の新規開設のための病床配分

医療法第7条第1項に基づく開設許可

(診療所にあっては、これに加えて医療法第7条第3項に基づく診療所病床設置許可)

② 無床診療所の有床化のための病床配分

医療法第7条第3項に基づく診療所病床設置許可

③ 病院又は診療所の既存病床の増床のための病床配分

医療法第7条第2項又は第3項に基づく病床数変更許可

 

イ アの許可の日から6か月以内に着工しない場合は、アの許可の取下げ及び配分された病床の返還を求めることがあります。

 

5.配分基準

上記4の応募基準を満たす事業者のうちから、兵庫県保健医療計画(平成25年4月1日改定)及び兵庫県地域医療構想(平成28年10月策定)に基づく課題の解決、推進方策及び中播磨圏域健康福祉推進協議会での合意事項に沿うものに対して、病床配分を行ないます。

【条件】

立入検査等での指摘、指導事項について改善がなされていること

【優先分野等】

(1)県立姫路循環器病センターと製鉄記念広畑病院の統合再編後の姫路市南西部の医療提供に資するものを優先する。

(2)救急医療の充実を優先する(脳外科や循環器等)。

(3)小児・周産期医療の充実を優先する。

 

6.病床配分応募後の流れ

  1. 計画書を提出された応募者には、圏域健康福祉推進協議会において計画のプレゼンテーションを行なっていただきます。日時等は後日お知らせします。
  2. 今回提出された計画書により、圏域健康福祉推進協議会で病床配分について審議します。審議の結果、病床配分が承認された場合は、引き続き、兵庫県健康福祉部健康局医務課において、開設又は増床の計画全体の事前協議手続を行います。

 

7.その他留意事項

  1. 病床配分にあたり、希望する数より少ない配分となる場合があることを、あらかじめご了承ください。
  2. 配分された病床に対して、医療法第7条5項に定める許可の際に、同法に基づき、特定の医療を提供するよう条件を付すことがあることを、あらかじめご了承ください。
  3. 平成15年度以降に医療施設近代化施設整備事業補助金を受けた病院については、応募前に、増床の可否について兵庫県健康福祉部健康局医務課と協議ください。

 

 

 

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 中播磨健康福祉事務所 企画課

電話:079-281-9207

FAX:079-224-3037

Eメール:NKharimakf@pref.hyogo.lg.jp