ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 景観形成 > (西播磨地域)景観の形成等に関する条例による指定地区等について

ここから本文です。

更新日:2017年3月17日

(西播磨地域)景観の形成等に関する条例による指定地区等について

 景観形成は、県や市町の行政、県民、事業者の三つの主体が協働で取り組むことによって、初めて実現できる創造的なまちづくりの一つです。兵庫県では、「景観の形成等に関する条例」を制定して、優れた景観や風景、星空景観を創造し、又は保全する必要がある地区を指定しています。
 ここでは、西播磨地域において、指定等を受けている地区等について紹介します。行政、県民、事業者の三つの主体が、それぞれの立場で、その責務を認識して、景観の形成に努めていきましょう。
 この条例について、詳しく知りたい方は、関連リンクの「景観の形成等に関する条例(兵庫県)」をご覧ください。

景観の形成等に関する条例による指定地区等(平成29年4月1日現在)

たつの市龍野地区、たつの市御津町室津地区、佐用町平福地区、太子町斑鳩地区の4地区が指定を受けています。


西播磨海岸地域風景型広域景観形成地域が指定を受けています。

 

佐用郡地域が指定を受けています。

 

15件の建築物等が指定を受けています。

(平成19年3月30日付けで景観形成重要建造物に指定しました堀家住宅(たつの市)については、平成22年3月26日付けでたつの市指定文化財に指定されたことから、景観の形成等に関する条例第21条の10第4項の規定により景観形成重要建造物の指定を同日付けで解除しました。なお平成25年5月に国指定重要文化財に指定されました。)

 

佐用郡佐用町福中田和地区が認定を受けています。

 

 

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 姫路土木事務所 まちづくり建築第1課

電話:079-281-9052

FAX:079-281-9910

Eメール:himejidoboku@pref.hyogo.lg.jp