ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 中播磨県民センター > センター長メッセージ(9月)

ここから本文です。

更新日:2019年10月9日

センター長メッセージ(9月)

道路ふれあい月間

9月に入り、日中はまだまだ暑さが残るものの夜は、さまざまな虫の鳴き声が聞こえ、秋へと季節が移ろいでいるのを感じます。

「道路ふれあい月間」をご存じでしょうか。
毎年、8月の1ヶ月間を「道路ふれあい月間」とし、道路の正しい利用啓発と道路愛護思想の普及を図り、道路を常に広く美しく安全に利用するように促しています。
そして先日、道路愛護活動等の功績が特に顕著であるとして、国土交通大臣表彰、兵庫県知事表彰、中播磨県民センター長表彰を受賞された4団体へ感謝状を贈呈させていただきました。

国土交通大臣表彰は県内で2団体が受賞し、2団体ともに中播磨管内の団体でした。
一つ目の団体は、姫路市菅生台の姫路市菅生台自治会花良会(ひめじしすごうだいじちかいはなよしかい)。
約22年にわたり、一般県道石倉玉田線の美化清掃、植樹帯の植栽・維持・管理活動をされており、通行車両と歩行者が利用しやすい道路が常に保たれ、美しい地域づくりに大きく貢献されています。

 姫路市菅生台自治会花良会姫路市菅生台自治会花良会2

二つ目の団体は、神河町大山の大山老人クラブ(おおやまろうじんクラブ)。
約18年にわたり、国道312号沿いの大師堂前の花壇とプランターに春と秋を中心とした季節の花を植栽し景観保護に努められ、通行車両や通行人の癒しとなっています。

大山老人クラブ1大山老人くらぶ2

県知事表彰受賞団体は、姫路市広畑区長町の所在する長町チューリップの会(ながまちチューリップのかい)。
平成18年度に開催された「のじぎく兵庫国体」から12年にわたり、国道250号における植樹帯の緑化及び維持・管理活動と清掃をされています。毎日の除草、水やりは会長の大野さん一人で活動されており、国道のほか、市道や民地の花壇などの緑化活動を20年近く続けられています。道路の美化に大きく貢献し、通行車両と歩行者が通行しやすい道路環境を維持されています。

長町チューリップの会1長町チューリップの会2

最後に、中播磨県民センター長表彰受賞団体は、神河町上小田の上小田ボランティア大河内(かみおだボランティアおおかわち)。
設立当初から18年にわたり、地域内のコミュニティを推進するため、集会所における「ふれあい喫茶」の開催と、地域奉仕活動の一環として、主要地方道加美宍粟線の道路清掃と沿道植栽帯の維持管理活動をされています。県立峰山高原や宍粟市方面へ往来のみなさんの道路愛護意識の普及に大きく貢献されています。

上小田ボランティア大河内1 上小田ボランティア大河内2

日々の草花のお手入れには、非常にたくさんの時間を費やし、景観を整えていただき、ありがとうございます。今後もこのような活動が長く続くことを願っております。
みなさん、通勤途中やドライブでお出かけのときは、道路沿いの草花に目を向けてみてはいかがでしょうか。

これまでのセンター長メッセージ

令和元年8月

令和元年7月

令和元年6月

令和元年5月

平成31年4月

平成30年度

お問い合わせ

部署名:中播磨県民センター 県民交流室 総務防災課

電話:079-281-9051

FAX:079-285-1102

Eメール:nkharikem@pref.hyogo.lg.jp