ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 東播磨県民局 > 令和元年11月(1日~15日)

ここから本文です。

更新日:2019年12月2日

令和元年11月(1日~15日)

驚くべき新たな移動手段(11月12日)

明石市が地域と社会福祉法人との協働で、小型電気自動車「グリーンスローモビリティ」の実証実験を実施。時速20km未満の7人乗りカートが朝霧の公道を走る。私も試乗。同乗した親子やお年寄りから「買物や保育園に行くのが便利」と大好評。魅力的な乗り物。

 

1112_1

1112_2

 盆の池・古宮大池に子供たちが集結(11月9,10日)

9日、盆の池(加古川市西神吉町)で、かいぼり・魚獲りでドロドロの後、昼食会・雑談会。ザリガニ、モロコ、カエルが天ぷらに。菱の実も美味。10日、古宮大池(播磨町)で、クリーンキャンペーンのあと魚釣り。今年は結構収穫あり。子供から大人まで皆の雑談に花。子供が走り回り大賑わい。

 

1110_1

1110_2

1110_3

 1110_4

 加古川ツーデーマーチ・かこむ創造フェスタ(11月9,10日)

連日の雲一つない秋晴れの中、市役所をスタート地点に第30回ツーデーマーチが開催。5km、10km、20kmのコースを、家族連れ等が軽やかに快歩。スタート地点では、たくさんのブース。東播工業高校のブースでは、生徒が製作した「総合治水対策の模型」を使って岡田市長に説明。市長も精緻な模型に感心。
県民局でも、大人も子供もダンス・楽器演奏・手作り雑貨で一緒に楽しむ。

 

1109_1

1109_2

1109_3

 1109_4

 パイオニアのものづくり(11月7日)

三菱マテリアル㈱明石製作所は切削工具のパイオニア。航空・自動車・医療産業などのものづくりに無くてはならない切削工具。超硬工具分野で世界標準を目指す。
日本キャタピラーのICT建機の体験型研修施設を訪問。最新のテクノロジー・ICT建機を見て・乗って・学ぶことが可能。簡単・安全・スピーディー・品質向上は間違いなし。

1107_1

 1107_2

 

 レガッタと将棋大会(11月3日)

加古川レガッタ(関西学生秋季選手権:11月1日から3日)に約500人が集結。学生が水上で熱い戦いを繰り広げる。地域の皆様のおもてなしも熱い。
4クラスに分かれた「明石鯛争奪三世代交流将棋大会」では熱戦の連続。子供が大人に立ち向かう姿はたのもしい。

1103_1

 1103_2

 コウノトリが巣塔に(11月2日)

高砂市弟池から竿池への「さかなのお引越し」。するとコウノトリが飛来、そして巣塔へ。巣塔への飛来は設置後初。10月中旬以降、各地でコウノトリを目撃。皆様、「WANTEDコウノトリ」への応募を待っています。
「WANTEDコウノトリ」記者発表資料

 1102_3

 1102_4

 古代文化を体験(11月2日)

29回目の大中遺跡まつり。貫頭衣を着た使者が、JR土山駅から行進。私も貫頭衣を着て、2mの「ジャンボ舞ギリ」で火おこし。子供たちも、火おこしや弓矢の試射など弥生時代を体験。子供は喜びながら悪戦苦闘。

1102_1

1102_2

 

明石市制施行100周年とローズフェスタ(11月1日)

市民会館に1,100人が集り100周年記念式典をお祝い。1919年11月に明石郡明石町が市となり、県内では4番目の市。地元の保育園児らが歌声で花を添えた。「すべての人にやさしいまち」を目指す。
加古川総合庁舎で、加古川ばら会が「秋のローズフェスタ」を開催。切り花や鉢植えなど約200点。香りがフロアを充満。ローズヒップティーも頂き、五感でバラを楽しんだ。

 

1101_1

1101_2

これまでの局長メッセージ

令和元年10月 1日から15日 16日から31日

令和元年9月  1日から15日 16日から30日

令和元年8月  1日から15日 16日から31日

令和元年7月  1日から15日 16日から31日

令和元年6月  1日から15日 16日から30日

令和元年5月  1日から15日 16日から31日

平成31年4月 1日から15日 16日から30日

 

お問い合わせ

部署名:東播磨県民局 総務企画室

電話:079-421-9603

FAX:079-424-6616

Eメール:hharimasom@pref.hyogo.lg.jp