ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 東播磨県民局 > 令和元年5月(16日~31日)

ここから本文です。

更新日:2019年5月31日

令和元年5月(16日~31日)

樋抜きの儀(5月30日)

加古川市志方西地区の5集落のため池「原大池」において、集落に分水する行事“樋抜きの儀”が執り行われました。志方西小学校の4年生と今年の豊作をお祈りしました。

 

0530_1

0530_2

実り豊かな大麦(5月27日)

稲美町を中心とした六条大麦(シュンライ)は西日本一の栽培面積を誇ります(400ha)。今、収穫の最盛期、今年は大豊作です。

 

0529_2

0529_2_2

へアリーベッチの花が満開(5月25日)

緑肥になるヘアリーベッチ。今は花が満開です。東江井地区営農組合では地元子供会を招いてヘアリーベッチの採蜜体験を行いました。

 

0529_1

0529_1_2

音楽と野菜・卵で熱気が充満(5月25日)

ら・マロンさんのマンドリン・ギターの調べで、県民局1階は大入り満員。皆さんの歌声もあり、1階は熱気が充満。
オクノの新鮮たまご、LEADの朝どれ野菜など加古川市や稲美町の農家が東急ハンズ三宮店前で野菜マルシェ。ここでも熱気が充満。
ワクワクします。

 

0525_1

0525_2

 自動車税の納期内納付街頭啓発キャンペーン(5月24日)

加古川市と一緒に、総勢40名がJR加古川駅前等で街頭啓発を実施しました。5月31日までに自動車税の納付をよろしくお願いします。

 

 0524_2

0524_1

地域の取組や声が街を元気に(5月18日)

9時すぎから、交番花クラブに、加古川駅前をはじめ21カ所の交番周りへ花を植えていただきました。毎朝この花を見ると元気になります。また、誰もが交番に行きやすくなり、地域の安全安心にもつながっています。
昼からは、1,500人を超える住民が加古川市民会館に集まり、播磨臨海地域道路の早期実現を国等に要望しました。住田弁護士の応援もいただき、皆様の熱い思いが伝わる会となりました。

 

0518_1

0518_2

 

若者の農業への熱い思い(5月15日)

加古川和牛や小松菜等の葉物野菜を育てる若者から農業への熱い思いを聞きました。牛では繁殖・肥育一貫経営に向け和牛モデル牛舎を建設し、増頭に取り組む思いを。野菜では、品質の向上・業務の効率化を仲間と議論していることを。頼もしいです。

0515_1

0515_2

 今までの局長メッセージ

令和元年5月(1日~15日) 
平成31年4月(1日~15日)
 平成31年4月(16日~30日)

 

お問い合わせ

部署名:東播磨県民局 総務企画室

電話:079-421-9603

FAX:079-424-6616

Eメール:hharimasom@pref.hyogo.lg.jp