ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 東播磨県民局 > 令和元年8月(1日~15日)

ここから本文です。

更新日:2019年8月15日

令和元年8月(1日~15日)

いなみ大池まつり(8月10日)

加古大池からあがる2000発の花火が夜空を彩り、ひとときの清涼感に包まれた。打ち上げ場所が近く迫力満点。最後には、「ナイアガラ」や音楽に乗せて壮大に夜空へ打ちあがる「メロディスターマイン」に1万人の観客からどよめき。来年も楽しみです。

 

0810_1

0810_2

世界最先端のICTテクノロジー(8月9日)

日本キャタピラーで、ICT技術の備わった重機の製造現場を見学。機械管理から施工管理、生産管理、安全管理までワンストップで見える化が実現。生産性35%向上、燃費効率25%向上を達成。次回、小野の教習所で運転させて頂けることを楽しみにしています。

 

0809_1

0809_2

水産技術センター(8月8日)

瀬戸内海等の漁場保全や水産資源管理に向けた調査・研究を実施。具体には、陸域からの栄養塩供給源とノリの色落ちとの関係調査、ワカメ種苗生産技術の現場への定着化試験、イカナゴ等資源生態と漁場環境を明らかにし沿岸漁業経営の安定化、サクラマス・サツキマスの生態の解明等多岐に渡る。地球温暖化が進む中、期待は一層大きくなっています。

 

0808_3

0808_4

干しダコづくり(8月8日)

江井ヶ島漁協のお世話になり、子供たちが水槽のタコを手づかみ。吸盤が手から離れない、ツルツルしてつかめないなど、子供たちが歓声をあげながら何とか干しダコに。そして皆でタコ飯に舌鼓を打ちました。タコのオスとメスの見分け方もわかりました。

 

0808_1

0808_2

夏祭り最盛期(8月4日)

48チーム545人が集まった第34回全兵庫少年野球選手権大会。中高校生等が33ブースを展開する青少年のための科学の祭典。140艇が出走した第26回加古川市民レガッタ。9万人が集まった第48回加古川まつり花火大会。皆さんの熱気に圧倒されました。

 

0804_1
【第34回兵庫少年野球選手権大会】

0804_2
【青少年のための科学の祭典】

0804_3
【第26回加古川市民レガッタ】

0804_4
【第48回加古川まつり花火大会】

地球にやさしい工場(8月1日)

サントリー高砂工場を見学しました。水源涵養活動として西脇市門柳地区の森林整備、水の循環再利用、副産物・廃棄物の再資源化100%など「水と生きる」企業として、環境保全活動を積極的に展開していました。また、サントリーのDNA「やってみなはれ」~とことん考える、一歩を踏み出してみる、やりっぱなしにしない~に感銘を受けました。

 

0801_1

0801_2

今までの局長メッセージ

令和元年7月(16日~31日)
令和元年7月(1日~15日)
令和元年6月(16日~30日)
令和元年6月(1日~15日)
令和元年5月(16日~31日)
令和元年5月(1日~15日) 
平成31年4月(16日~30日)
平成31年4月(1日~15日)

 

お問い合わせ

部署名:東播磨県民局 総務企画室

電話:079-421-9603

FAX:079-424-6616

Eメール:hharimasom@pref.hyogo.lg.jp