兵庫県/平成30年4月局長メッセージ(東播磨県民局長 四海 達也(しかい たつや))

ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 東播磨県民局 > 平成30年4月局長メッセージ(東播磨県民局長 四海 達也(しかい たつや))

ここから本文です。

更新日:2018年4月4日

平成30年4月局長メッセージ(東播磨県民局長 四海 達也)


こんにちは。東播磨県民局長の四海です。
今年度の東播磨県民局の重点目標をご紹介します。

平成30年度の重点目標について

豊かな水辺空間とものづくり産業が集まる地域特性を生かしながら、「東播磨地域ビジョン」が掲げる将来像を達成し地域創生を推進するための施策を展開して、一人ひとりの生活の質の向上とふるさと東播磨の元気の実現を図ります。

 

Ⅰ 人・もの・情報が交流し、にぎわう東播磨づくり

ものづくりをはじめとする様々な分野で、人・もの・情報の交流を促し、新たな知恵と活力を生み出し、魅力とにぎわいを生み出せる地域づくりを推進します。

(1)交流を促す基盤と拠点の整備・多彩なネットワークの構築
  (明石港砂利揚げ場再開発、東播磨道北工区の整備、国道2号(加古川市内)の4車線化等)

明石城

明石城

(2)ふれあいフェスティバルin東播磨の開催

(3)明石城築城400周年記念事業への支援

(4)東播磨観光ツーリズムの推進(外国語版観光PR資料の作成等)

(5)高砂みなとまちづくりへの支援(堀川周辺地区の整備等まちの活性化支援)

(6)東播磨「農」のブランド化大作戦の推進(東播磨産農畜水産物を使用した新たな名物料理づくり等)

(7)新たな水産物増養殖チャレンジ支援(タイラギ等の増養殖技術の導入開発を支援)

(8)東はりまの魅力KIDs体験ツアーの実施(小学生等を対象としたものづくり体験型ツアー)

 

Ⅱ 水辺との心豊かな暮らしが思い出に残る東播磨づくり

里山、ため池、疏水、河川、海が広がる豊かな水辺空間とそのつながりを大切に守り、生かす地域づくりをめざすとともに、次代に継承する取組を更に発展させ、新たな「ため池文化」を創造します。

(1)「ため池コウノトリプロジェクト」の推進(ため池を核とした地域主体の環境整備)

(2)新たなため池文化の創造(ため池博覧会2018、ため池推進フォーラムの開催等)

(3)地域でキラリ☆走る環境学習教室の開催

かいぼり

かいぼり

 

 

Ⅲ いきいきと暮らせる、安全安心な東播磨づくり

安らぎとぬくもりを感じながら、寄り添い、ささえあうとともに、地域住民一人ひとりが自立し、健康に、安全安心を実感し、自分らしさと生きがいを持って、お互いを認め、高めあえる地域づくりを推進します。

(1)「東はりま発ヘルシーメニュー」の普及促進

(2)「チャレンジショップきずな」の販売力強化による障害者の自立支援

(3)ジュニア・地域防災スクールの開催(小学生等を対象とした体験型防災学習講座)

Webサイト、ヒガシハリマ食堂

Webサイトヒガシハリマ食堂

 

これまでの局長メッセージ


平成29年度局長メッセージ


 

お問い合わせ

部署名:東播磨県民局 総務企画室

電話:079-421-9607

FAX:079-424-6616

Eメール:hharimasom@pref.hyogo.lg.jp