ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 平成30年8月東播磨県民局長メッセージ

ここから本文です。

更新日:2018年8月7日

平成30年8月局長メッセージ(東播磨県民局長 四海 達也)

大雨や台風が去った後、命の危険を覚えるような猛烈な暑さに見舞われる今日この頃、皆様方にはお元気でお過ごしでしょうか。
こんにちは。東播磨県民局長の四海です。

去る6月30日に、加古川市神野町に「東播磨フィールドステーション(http://e-harima.kobe-face.jp/(外部サイトへリンク))」を開設いたしました。開所式の開催に当たっては、衆議院議員の渡海先生をはじめ、加古川市長さんや播磨町長さん、地元選出の県議会議員の先生方、そして何より町内会長さんをはじめ多くの地元の方々に駆けつけていただき、盛大に催すことができましたことをこの場をお借りして改めて感謝申し上げます。


「東播磨フィールドステーション」とは、これから日本の国で起きる様々な地域課題を「自助」や「共助」の取り組みを中心にして解決していくための実験的研究施設です。我が国は2010年頃をピークとして、これまで誰も経験したことのない人口減少局面に突入しました。私たちが暮らす地域で展開されている社会装置は、あらゆるものが人口の増加を前提に形作られてきました。住宅地の開発や道路の整備、ガスや電気や水道、下水道といった私たちの生活を支えるインフラや商業施設なども、あらゆるものが今の人口が維持される、あるいはさらに増加することを前提に存在しています。
しかし、人口減少局面に入った今、地域では人の住まない空き家が徐々に増え、高齢化が進み、子どもの数が減ったことから小中学校の統廃合の必要性が議論されるなど、これまで考慮する必要のなかった様々な地域課題が浮き彫りになってきています。そういう状況に立ち至った時、私たちの暮らしはどのようになっているのでしょうか。人口が減少して地域の消費購買力が落ちてくると、まず商業施設が撤退していくことが予想されます。一定エリア内の消費購買力の大小は、商業施設を維持していくうえで必要不可欠な指標となるからです。また、個人個人の日常生活を考えてみても、これから独居世帯の数がどんどん増えてくると予想されており、高齢化が進むにつれて日々の買い物をはじめとしてこれまで普通に行えていたことが、どんどん難しい状況になっていくことも予想されます。今でもスーパーやコンビニの宅配サービスを利用されている方もおられると思いますが、働き手の世代が減少していく中で、そうしたきめ細かなサービスも将来十分に提供できるかどうか、疑問を感じざるを得ません。また、一人暮らしの高齢者の方が、体調を崩されて足を痛められるようなことになれば、買い物はおろか日々のゴミ出しなどにも支障を来すこととなり、日常生活に大きな不安を抱えるということにもなりかねません。
私たちの地域社会は、今、そうした状況に向かってどんどん進んでいます。そういう社会にあって、行政サービスの向上がまず望まれる訳ですが、これから先の人口減少社会で、何が一番大きな問題かというと、15歳から65歳までのいわゆる生産年齢人口と呼ばれる世代が減り続けていき、行政をはじめとしてサービスを行う担い手を十分確保することが困難になっていく、という事が何よりの問題なのです。
働き手の不足による社会の停滞は、管内でも中小企業の人材確保難や介護人材の不足など、既に目に見える形で起きてきているのが現状です。つい先日政府が、介護人材を東南アジアを中心とした外国人に求めるという一大方針を打ち出しました。このこともまさに生産年齢人口の減少がもたらす担い手不足を補うための窮余の一策と言えるでしょう。
このように私たちの地域社会は、今後二十年、三十年の間にこれまで誰も経験したことのない劇的な変化を迎えます。その変化を的確に予想し、人口の減っていく中でも「自助」や「共助」の考え方を基本として地域をいかに支えていくか、そしてそうした自立的な地域の取り組みに対して、行政がいかにサポートしていくか、そうした人口減少社会における新しい「社会モデル」を作ることを目的として設置したのが、「東播磨フィールドステーション」です。

「東播磨フィールドステーション」には、神戸大学の柴崎特命助教が、週4日滞在して活動を行っています。これまで誰も行ったことのない新しい事柄への挑戦ですから、すぐに結果を求めようとは考えていません。地域に貼り付いて地域の皆さんとしっかりとした人間関係を築き、その中からにじみ出る地域課題を丁寧にすくい取り、地域の皆さんとともに解決の糸口を探っていく、そんなじっくりとした取り組みを期待しているところです。
みなさんも近所にお越しの節は是非お立ち寄りいただき、まずは雑談でもしに来ていただければ幸いです。

最後になりましたが、「東播磨フィールドステーション」の開設にあたり、施設内の内装工事にご協力いただいたボランティアの方々、また、何より施設の提供でご協力いただいたJA兵庫南さんに心から感謝申し上げます。
 

東播磨フィールドステーション開所式1      東播磨附フィールドステーション開所式2

 東播磨フィールドステーション開所式の様子です。(平成30年6月30日)

これまでの局長メッセージ

平成30年4月局長メッセージ
平成30年5月局長メッセージ
平成30年6月局長メッセージ
平成30年7月局長メッセージ

平成29年度局長メッセージ


お問い合わせ

部署名:東播磨県民局 総務企画室

電話:079-421-9603

FAX:079-424-6616

Eメール:hharimasom@pref.hyogo.lg.jp