ホーム > 2021年6月記者発表資料 > 食中毒の発生について

ここから本文です。

食中毒の発生について

2021年6月28日

担当部署名/東播磨県民局加古川健康福祉事務所(食品薬務衛生課)  直通電話/079-422-0183

 

食中毒の発生について

 

(概要)

令和3年6月25日(金曜日)12時45分頃、加古郡播磨町内の飲食店営業者から「6月18日(金曜日)に持ち帰りカレーを販売したところ、購入者の複数が下痢、腹痛等の症状を呈している。」旨、加古川健康福祉事務所に連絡があった。

同事務所が調査したところ、加古郡播磨町内の飲食店「モア・ダイニングてまりぼく」が調理し、6月18日(金曜日)に販売したカレーを購入し、家庭で再調理して喫食した23名のうち、7名が下痢、腹痛等の食中毒様症状を呈していることが判明した。

これら有症者に共通する飲食物は同施設が調理し販売した食品以外にないこと、有症者の発症状況が類似していること、また本日、有症者を診察した医師から食中毒の届出があったことから、加古川健康福祉事務所は同施設が販売した食品を原因とする食中毒と断定し、同施設に対し6月28日(月曜日)から6月30日(水曜日)まで3日間の営業停止を命じた。

なお、有症者は全員快方に向かっている。

 

 

1 発生年月日(初発) 令和3年6月19日(土曜日) 22時00分

2 摂食者数      23名

3 有症者数      7名 (入院者0名)

                               男性:1名(18歳)

                               女性:6名(10歳~53歳)

                            加古川市3名、加古郡播磨町4名

4 死亡者数          0名

5 主な症状          下痢、腹痛

6 原因食品  原因施設が調理し6月18日(金曜日)に販売したカレー(真空包装)

7 原因施設 <施設所在地> 加古郡播磨町北本庄 4丁目6-17

       <施 設 名> モア・ダイニングてまりぼく

       <業   種> 飲食店営業

       <営 業 者> 有限会社モア・サービス

               代表取締役  佐伯 隆義

8 摂食場所   家庭

9 病因物質   調査中

10 潜伏時間   5時間~97.5時間(平均46.8時間)


 

11 措  置

 (1)営業停止命令 令和3年6月28日(月曜日)~6月30日(水曜日)(3日間)

 (2)検査等(検査中)   検便  有症者     : 5検体

                   調理従事者等   : 4検体

                施設のふきとり       : 5検体

               食品  カレー    : 8検体

 (3)その他

            原因施設の清掃、消毒の徹底

    厨房内調理器具、容器等の洗浄、消毒の徹底

    調理従事者に対する衛生教育の実施

※ なお、この記者発表に関するご質問は、本日18時00分までにお願いします。