ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 感染症 > (東播磨地域)結核対策について

ここから本文です。

更新日:2017年5月31日

(東播磨地域)結核対策について

結核対策について

年間新たに結核患者として登録される方は、約1万8千人で、減少傾向が続いていますが、1日に50人の新たな患者が発生し、5人が命を落としている日本の重大な感染症です。

県健康福祉事務所(保健所)では、結核の予防に関し広く普及啓発を行い、自宅療養中の服薬指導に関することや家族・接触者の検診を行っています。

  • 結核予防の正しい知識の普及、定期結核健康診断及び予防接種の推進
  • 新たな患者発生及び集団感染を防止するための接触者検診の推進
  • 治療を中断しないための結核治療薬の服薬確認(DOTS事業)の推進

結核予防週間について

結核予防週間をご存じですか?
毎年、9月24日から30日までの1週間は結核予防週間です。
県や健康福祉事務所でも結核に対する正しい知識を普及啓発しています。

お問い合せ先

加古川健康福祉事務所健康管理課 TEL 079-422-0002 FAX 079-422-7589
明石健康福祉事務所健康管理課 TEL 078-917-1132 FAX 078-917-1138

お問い合わせ

部署名:東播磨県民局 加古川健康福祉事務所

電話:079-421-9292

FAX:079-422-7589

Eメール:kakogawakf@pref.hyogo.lg.jp