ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 知事定例記者会見(平成20年) > 近畿ブロック知事会議での発言に係る知事記者会見(2008年11月13日(木))

ここから本文です。

知事のページ

更新日:2008年11月13日

近畿ブロック知事会議での発言に係る知事記者会見(2008年11月13日(木))

【発表項目】
 近畿ブロック知事会議での発言について

知事会見内容

知事:

 お手元に私のコメントを用意させていただいていますが、今回の近畿ブロック知事会議での「関西経済の活性化」をテーマとした議論において、私の発言の中で「チャンス」という言葉が、県民の皆様をはじめ、多くの皆様に誤解を与え、混乱を生じさせ、ご心配をおかけしているという状況ですので、このような状況を引き起こしたことについて、心からお詫び申し上げたいと存じます。

 不用意に「チャンス」という言葉を使ったことが、適切ではなかったと深く反省しているところです。

 

 私の言葉の趣旨は、「東京一極集中が進む中で、首都直下型地震の発生が危惧されており、危機管理の面から関西が連携して第2首都機能、防災機能を高めていかなければいけない。その事前の備えを進めることが、関西の発展にもつながる。」というものです。

 特に阪神・淡路大震災からの復興に、県民の皆様とともに努力をしてきただけに、大震災の発生に対する備えの必要性を訴えたかったのですが、大きな誤解を生じてしまったこと、そして特に、近畿ブロック知事会や東京を中心とする関東の皆様方にご心配をおかけしてしまったことをお詫び申し上げたいと存じます。

 

 大震災を経験した被災県の責務として、防災・減災対策の推進に努めるとともに、内外の被災地に対して、職員や救援物資を送るなどの支援活動にも積極的にこれまで取り組んでまいりました。

 今後とも、元気で安全・安心な社会の実現に向け先頭に立って皆様とともに全力で取り組んでいきますので、ご理解とご支援をよろしくお願いします。

 

 私からのお詫びと今後の決意、そしてこの間の発言の趣旨をご説明させていただきました。どうぞご理解をお願いしたいと存じます。

質疑応答

記者:

 知事の今の説明と昨日までの発言の認識は基本的には変わらないと思いますが、改めて「チャンス」と言う言葉について、その言葉自体を撤回するということはないのでしょうか。

 

知事:

 お配りした資料のとおり受け取っていただいて結構だと思います。つまり、不適切だったと反省しているわけです。ただ、発してしまった言葉は撤回をしたから効果が及ぶということではないという意味で、今までも撤回という言葉にこだわっていましたが、取り消させていただけるならまさしく取り消させていただきたいと思っています。そのようにご理解いただきましたら幸いです。

 

記者:

 前日までは、我々から質問をさせていただいた際にも、撤回する、しないという話ではないというお答えだったかと思うのですが。

 

知事:

 撤回をしたら消えてなくなるとか、事実がなくなるということではないという意味で、そういう事実がなくなるわけではないのではないかという意味で申し上げてきたところです。このように不適切であり、不用意に使ってしまった言葉を取り消せるものなら取り消させていただきたいと願っています。ご理解いただければと思います。

 

記者:

 今日こういった会見を開くということで、今までの説明より一歩進んだと思いますが、大きなきっかけになったものは何でしょうか。

 

知事:

 やはり、誤解、さらには混乱を生じ、多くの皆様にご心配をおかけするという事態になってしまったということです。私自身はそのような誤解が混乱をよび、多くの皆様にご心配をおかけするようなことになろうとは夢にも思っていませんでしたので、そのような事態を起こしてしまったという責任を感じています。

 

記者:

 昨日の関東の知事の発言や、近畿各府県の知事からも同様の声が上がったということもあるのでしょうか。

 

知事:

 近畿ブロック知会議において、せっかく関西の活性化というテーマで議論させていただいたにもかかわらず、活性化の議論がかすんでしまいました。私の発言が皆様の関心を呼んでしまったというのも大きな反省の原因になっています。あわせて今ご指摘をいただいたように、東京を中心に関東の方々には、私の発言を巡って心配をかけてしまったという事実を踏まえたときに、私自身責任を感じ、お詫びを申し上げたいということで、今日、会見をさせていただいたということです。

 

記者:

 先ほどから知事は責任を感じているという発言がありました。辞職について知事はどのようにお考えでしょうか。

 

知事:

 どういう根拠で私の辞職を求められるのか理解できません。理解できないことはお答えすることができません。私自身は復旧・復興に向けて先頭に立って努力し、県民の皆さんとともに活動を展開してきたという自負があります。お配りした資料の趣旨をご理解いただけましたら、そのような主張につながることは理解ができないということです。

 

記者:

 知事は当初、お詫びの必要はないと言われていましたが、この2日間の反応・反響というのは予想外と感じられたのでしょうか。また、当初はお詫びの必要はないとされながら

も今日になって正式にお詫びしたいと言われたという変化について、なぜなのかということをお聞かせください。

 

知事:

 私の発言の趣旨を理解いただけると私自身が思っていたからです。発言の趣旨よりも「チャンス」という言葉の持つ誤解の方が大きく、それが関係方面に多くの心配をおかけした事実が現に出てきましたので、そのようなことを招いた私自身の責任という意味でお詫びを申し上げようということにさせていただきました。

 

記者:

 「チャンス」という言葉が特に誤解を生じさせたということですが、「チャンス」という言葉ではなく、例えば前に知事がおっしゃったように「きっかけ」という言葉を使ったとしても、あの文脈から真意というのは伝わるものなのでしょうか。

 

知事:

 少なくとも「チャンス」という言葉が、「グッドチャンス」、つまり被災を待っているというように受け取られることにはつながらなかったのではないかと思います。そういう意味で、不用意に「チャンス」という言葉を使ってしまったことを非常に深く反省しています。

 

記者:

 地震の発生に対する備えが必要ということが真意ですね。

 

知事:

 はい。最後にそういう趣旨で締めくくった発言だったので、ちょっと間が開きすぎていました。

 

記者:

 地震の発生に備えることが必要というよりも、起こればそれがきっかけになる、「チャンス」ではなくても結局それを待っているんだ、やはりどうしてもそう聞こえてしまったのかなと思います。

 

知事:

 私の発言の趣旨はそうではありません。どうもご迷惑をおかけしました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部知事室広報課
電話:078-362-3020