ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 知事定例記者会見(平成21年) > 第2回兵庫県新型インフルエンザ対策本部会議結果に係る知事記者会見(2009年4月30日(木))

ここから本文です。

知事のページ

更新日:2009年4月30日

第2回兵庫県新型インフルエンザ対策本部会議結果に係る知事記者会見(2009年4月30日(木))

【発表項目】
新型インフルエンザについて

知事会見内容

知事:

 今朝5時にWHOから、新型インフルエンザの警戒水準をフェーズ5に引き上げるという発表がありました。これを受けて、直ちに第2回兵庫県新型インフルエンザ対策本部会議を開催しました。ただ、ご承知のように、現在、海外発生期の第1段階の対応を兵庫県新型インフルエンザ対策計画に基づいて実施しているわけで、今回のWHOのフェーズ5引き上げでも、海外発生期であることには違いがありませんので、兵庫県としては、県の新型インフルエンザ対策計画に基づく第一段階の対応を引き続ききちんとしていくことを確認したところです。

 今回、新型インフルエンザについての知事メッセージを県民の皆さんに発することとしました。メッセージの内容は、28日に発出したものと大きな違いはありませんが、国内での発生が確認されておらず、海外での発生が確認されているという状況を踏まえた上で、WHOのフェーズ5引き上げを受けて、新型インフルエンザ対策計画上の第一段階の対策に引き続き取り組んでいくことを強調しています。県民の皆さんには、冷静に対応をお願いします。警戒水準がフェーズ5に引き上げられたとしても、極端に局面が変わるものではないとご理解いただきたいと存じます。

 発生国から帰国された方については、検疫を受けたことと思いますが、症状の有無にかかわらず、必ず最寄りの保健所にご連絡をお願いします。またその後、発熱等が生じた場合には、保健所から専門外来医療機関を斡旋します。そして、健康調査の聞き取り等を行いますので、ご協力をお願いします。また、感染者が一番多いと言われているメキシコへの渡航は延期していただくよう勧告します。また、インフルエンザですので、うがいや手洗い、咳エチケットの励行についてはご協力をお願いします。そして、今回の新型インフルエンザは豚インフルエンザが発端になったわけですが、通常の加熱による調理をする限り、豚肉製品を食べても安全であることを念のため強調しておきます。これが今日のメッセージの内容です。相談窓口連絡先を資料として付けていますのでよろしくお願いします。

 2番目は連休中の相談等の対応についてです。現在は国内未発生期ですので、連休中、健康福祉部では9時から21時まで職員5人体制で電話相談等に対応します。21時以降は健康危機ホットラインで対応します。また、健康福祉事務所では、既に発熱相談センターは設置済みですが、こちらも国内未発生期ですので、21時まで2名体制で、それ以降は健康危機ホットラインで対応します。政令市においても同様の対応をされると聞いています。発熱電話相談状況は2ページにまとめています。相談件数は累計254件です。相談内容は健康不安、予防接種、治療薬、豚肉の安全性や予防方法など、いわゆる健康状態に関係しない相談も非常に多くありました。個別の保健所単位での相談件数は3ページのとおりです。

 参考として事案の概要及び県の対応をまとめていますのでご参照ください。

私からは以上です。

質疑応答

記者:

 疑い例の前段階の帰国者で発熱等がある方から相談があった場合、県としてどの段階で公表をされるのかお聞かせください。

 

知事:

 発熱して、専用外来に紹介して、そこで検査をされます。検査をされて、陰性だったら問題ありません。陽性だった場合は、厚生労働省に届け出ることになっています。届け出る段階で公表するかどうかについて現在検討中です。プライバシーの問題もありますが、一方で、まん延防止を期さなければならない問題もありますので、その点を踏まえて検討をしています。本来、取扱いは全国一律にした方がいいと思いますが、兵庫県としては、兵庫県としての取扱いを相談しているところです。

 

記者:

 今日の対策本部会議は冒頭のみ見させていただきましたが、県職員の内部の会議というよりも、県民の命を守る大事な会議だと思いますので、会議全体の公開をお願いしたいのですが、非公開になった理由をお聞かせください。一部プライバシーが関わることが出てくるかもしれないといわれるのであれば理解ができますが、全体的にはそのような部分は少しになるのではないかと思いますので、非公開になる理由をお聞かせください。

 

知事:

 率直な意見交換をしなければならないからです。特に関係機関が複雑に絡みますし、積極的、多角的な議論をしなければならないからです。だから本部会議が終わった後に、私か防災監が会見をして必ず説明をすることにしています。

 

記者:

 報道機関がいても積極的に発言していただいてもいいと思いますが、それができないのでしょうか。

 

知事:

 わかりません。例えば新型インフルエンザ対策計画に基づいて対策を講じていく場合に、どの医療機関にどれだけのことをどのようにしていただくかということが、情報として医療機関が準備もできないうちに報道されてしまうようなことがあったら、かえって混乱を生ずる恐れもあります。その点は対応体制がきちんとした上で公表することが中心になると思います。議論の経過については、ご遠慮いただいた方が混乱を生じないという意味で必要だと思っています。いずれにしても、きちんと報告しますのでご理解いただきたいと思います。

 

記者:

 2点お聞きします。

 1点目は検疫所等からメキシコなどからの帰国者の名簿を入手すると決められていたと思います。これは実際に入手されているのかお聞かせください。また、今、県が経過観察をしているメキシコからの帰国者は何人くらいいらっしゃるかお聞かせください。

 2点目は今後WHOがフェーズ5からフェーズ6に引き上げる可能性がありますが。WHOが引き上げたにもかかわらず、日本国内には感染者がいない状況もあると思います。その場合に、県としてはどのような体制になるのかお聞かせください。

 

知事:

 検疫所からの通知は励行されています。現実に情報提供されています。その情報に基づいて、保健所等から本人に問い合わせをしています。

 そのような状況の中で、検査の必要がある方が何人いるのかについては、メキシコからの帰国者は0人、アメリカからの帰国者は2人です。1人は陰性でした。もう一人は検査中ですが、陰性だと想像されています。

 フェーズ6、7になった場合、日本国内での体制をどうとるかという政府の対処の考え方とも軌を一にする必要があると思っています。国内で発生していない段階で、身柄を拘束するとか外出の自粛を徹底する、学校を休校する、職場を休んでくださいというようなことはやりにくいのではないかと考えています。日本全体としての取扱いと軌を一にしながら兵庫県の独自性も付け加えていきたいと考えています。

 

記者:

 確認ですが、メキシコからの帰国者は0人ということでしたが、一昨日に所管課に問い合わせをしたときに27日にメキシコからの帰国者が1人いるという連絡があり、受診してもらったら陰性だったという話をお聞きしましたが、これはどういうことだったのでしょうか。

 

知事:

 28日に法律で感染症に指定されてからは、アメリカからの帰国者の2人という意味です。

 

記者:

 2点お聞きします。

 1点目はアメリカからの帰国者2人について、どういう状況で県が知るところになったのか経過をお聞かせください。

 

知事:

 必要性がありますか。

 

記者:

 どういう形で帰ってこられて、発熱があったかどうかなどどういう状況かわかればお聞かせください。

 

知事:

 そのことが別に特別なニュース性があるのでしょうか。

 

記者:

 陰性の可能性が高いということですが、陽性の可能性もありますので、もしもわかればと思ったのが一つです。

 

知事:

 一人は陰性でした。もう一人は調査中です。調査中のケースについて、経過がこうなっているというようなことを報道することが不安をあおることになりかねないので、ご遠慮したいと思います。

 

記者:

 報道するかどうかは聞いてからということだとも思いますが。

 

知事:

 そういう意味での情報提供はご遠慮したいと思います。

 

記者:

 2点目は県内で発見されるとすれば、外から帰ってこられた時の可能性が高いと思います。兵庫県では神戸港に着く船が可能性が高いと思います。県として発生国から神戸港に入ってくる船がどれくらいあるか把握されているのかどうか、また、例えば5月中に何隻くらいあるのかなどお聞かせください。

 

知事:

 入港数などのボリュームの情報を事前に把握しているわけではありません。入港手続き上、何日前に届出手続き等が行われるのかということと、従来の実績について整理してお出しするようにしたいと思います。

 今回の会見は、フェーズ5になったことで、県民の不安が増しては困るということで、県民の皆さん落ち着いてくださいという意味で会見を開催したのが主眼ですのでご理解いただきたいと思います。今、いただいた意見等についてはさらに検討します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部知事室広報課
電話:078-362-3020