ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 知事定例記者会見(平成28年) > 知事定例記者会見(2016年8月1日(月曜日))

ここから本文です。

知事のページ

更新日:2016年8月1日

知事定例記者会見(2016年8月1日(月曜日))

【発表項目】

 1 知事就任4期目4年目を迎えて
 2 「第3次行革プラン3年目の総点検における課題と検討方向」のとりまとめ
 3 「平成27年度 参画と協働関連施策の年次報告」の作成
 4 東日本大震災に係る支援
 5 自転車保険の加入に関するアンケート集計結果
 6 国際フロンティア産業メッセ2016の開催
 7 銀の馬車道140周年記念・目指せ!トリプル遺産達成リレーイベントの開催
 8 兵庫県・岡山県合同空き家見学バスツアーの実施
 9 「姫新線のある風景」写真展の作品募集
10 但馬物産展の開催 

 

動画(録画配信)

 

記者会見を動画で見る(約50分(外部サイトへリンク))

会見中の知事及び記者の発言内容は、議事録でご確認ください。

知事会見内容

知事:

 1番目は「知事就任4期目4年目を迎えて」です。

 あと1年で私の任期が満了しますので、お手元にコメントを配付させていただいています。「4期目もあと1年を残すのみとなった。この1年を兵庫の未来を拓くためのスタートダッシュの年として、精一杯、地域創生を推進していきたい」というのが率直な気持ちです。主な課題を2月議会の提案説明の柱立て、あるいは地域創生戦略の内容に沿って整理しています。

 

 2番目は「『第3次行革プラン3年目の総点検における課題と検討方向』のとりまとめ」です。

 既に(行財政構造改革調査特別)委員会での説明を傍聴されている方々もおられると思いますので、私から細かい説明はしませんが、1ページに今回の課題と検討方向の3本柱を整理しています。総点検の趣旨として、3つの狙いがあります。1番目は、平成30年度のゴールをめがけて着実に達成するための総点検です。2番目は、平成30年度の瞬間的な目標達成をするだけでは兵庫の行財政構造改革を完了したことにはなりません。平成31年度以降どのような取り扱いをすべきかを検討し、今後の取り組み方針を明らかにする必要があるのではないでしょうか。しいて言えば、国の経済・財政再生計画は計画期間が2020年(平成32年度)になっていますし、本県の地域創生戦略も当面の目標年次を2020年(平成32年度)にしていますので、これらとの関連からもきちんと議論しておいた方が良いということです。3番目は、地域創生が課題であるからこそ、このような行財政構造改革の努力をした後、改革による余力をどの方面に重点を置いて進めていくのか。その新たな施策展開を併せて議論しておく必要があります。この3つの視点で今回の点検作業を行おうとするものです。
 7ページ以降に今申し述べたような、総点検をする際に考慮すべき状況変化や課題などについて、11ページでは平成31年度以降の行財政構造改革について検討する項目や新たな施策展開で考慮する項目などをブレークダウンして記載していますのでご参照ください。

 

 3番目は「『平成27年度 参画と協働関連施策の年次報告』の作成」です。

 平成15年に施行した「県民の参画と協働の推進に関する条例」第11条に基づいて作成する報告です。「地域づくり活動の支援に関する施策」と「県行政への参画と協働を推進する施策」に分け、「現状・課題」に対して、その支援や取組の方向を整理し、主な施策を並べています。これまでは、毎年のトピックスという形で総論的に整理してきましたが、今回は、参考資料として、「地域づくり活動の支援に関する施策」409施策と「県行政への参画と協働を推進する施策」182施策の全施策について、施策の概要と成果も整理しています。今回の年次報告の特色は、トピックスをとりまとめただけではなく、参考資料として全施策の成果と概要を整理したことです。

 

 4番目は「東日本大震災に係る支援」です。

 県内避難者の数は、325世帯850人でプラス1人となっていますが、これは出生によるものです。職員等の派遣状況は基本的には変わりません。県が81人、兵庫県全体で145人、関西広域連合分で214人です。東日本にこういう状況で支援していますが、先日の知事会で、熊本県の蒲島知事、そして九州の取りまとめをしている大分県の広瀬知事から各県への人員派遣への協力要請がありました。兵庫県からは2人を中長期の応援部隊として派遣することにしています。農林の技術職1人、事務職1人が熊本県の地方事務所のような現場でお手伝いすることになるのではないかと考えています。

 

 5番目は「自転車保険の加入に関するアンケート集計結果」です。

 実施方法は、本年6月20日から30日までの間に、通行者(自転車・歩行者)が多い量販店・駅等の駐輪場や商店街付近などで、交通安全協会にお願いをして聞き取り調査を実施しました。回答総数は4237人で、結果としましては、「加入している」が60%、「加入していない」が33%で約3分の1、「わからない」は7%でした。加入してない人たちの多くは、「自転車に乗る回数が少ないから」という理由でした。年代別では、20歳代と70歳以上の加入率が低い。それから住所別では、地域が広大なところはなかなか自転車を使うことが少ないからかも知れませんが加入率が悪いという状況です。
 新規に交通安全協会が開発した掛金1000円、2000円、3000円の自転車保険ですが、この加入件数は8万1556件です。1000円のプランは1万4753件、2000円が2万5706件、3000円が4万1097件という内訳です。この内訳は私も若干予想外でした。つまり、1000円の掛金の加入が一番多いのではないかと思っていました。しかし、自転車事故は加害者になる場合と被害者になる場合がありますので、家族も含めてその両方が保険対象になっている3000円のプランに、県民の皆さんの加入が集中しているという結果になっています。ある意味で、非常に健全な行動、良識的な行動をされているのではないか、と評価をしているところです。どれくらいの率になればよいのかというのは難しいのですが、前回の調査で約25%だったものが、この1年で35%増えて60%になっています。1年の結果としては、悪くない結果ではないでしょうか。今後さらに加入を進め、特に高齢者は被害者となる危険性が高いのですが、自転車事故の場合は高齢者が加害者となることも考えられますので、理解を深めていくように努力していきたいと考えています。

 

 6番目は「国際フロンティア産業メッセ2016の開催」です。

 国際フロンティア産業メッセ2016を従来と同じように9月上旬に開催させていただきます。今年度は481社・540小間が出展される過去最大の規模になります。去年は431社・499小間でした。それが、1番大きな出展規模になったということです。それから主な特徴の2番目に記載のとおり、「健康・医療」をテーマに特別講演や特別展示が実施されます。これはG7保健大臣会合との関連も踏まえての対応です。3番目は東北と熊本・大分復興への支援ということで物産コーナーを設けさせていただこうとするものです。この国際フロンティア産業メッセは、阪神・淡路大震災からの復旧・復興を促進しようという趣旨で始めた事業でありますが、最先端の産業メッセとして定着をしてきました。今年で16回目になります。2ページ目に記載のとおり、同時開催として、「ひょうご環境ビジネス展」、「みなと元気メッセ2016」(みなと銀行)、「こうべしんきんビジネスメッセ2016」(神戸信用金庫)、「たんぎん産業メッセ2016」(但馬銀行)、にっしん輝きメッセ2016(日新信用金庫)、「ひょうごKOBE医療健康フェア」(G7神戸保健大臣会合推進協議会)もあわせて実施することにしていますので、大変総合的な産業メッセになっています。特別講演として9月8日に井村裕夫先生の講演会、それからシスメックスの家次恒社長の講演会も実施することにしています。開会式は9月8日の9時20分からです。その後、10時から兵庫県COE認定式を行います。兵庫県の企業で新しい取り組み、イノベーターとしての取り組みをしていただいている企業を選定して激励をしようとするものです。

 

 7番目は「銀の馬車道140周年記念・目指せ!トリプル遺産達成リレーイベントの開催」です。

 銀の馬車道140周年を記念するとともにトリプル遺産達成を目指して、リレーイベントを開催します。第1弾として銀の馬車道140周年・福崎町制60周年記念の人情喜劇「銀の馬車道」を公演します。
 第2弾は「銀の馬車道グルメ街道トレイン」ということで銀の馬車道140周年・播但線全線開通110周年として「銀の馬車道ラッピング列車」を臨時運行します。これは10月に運行終了予定ですが、9月25日にJR播但線の姫路から生野まで往復させて、列車の中で特別のお弁当などをふるまうことになっています。
 第3弾は銀の馬車道のフォーラムとフレンチマルシェということでフランス風の屋外マルシェを実施します。フォーラムでは北川一成さんのトークショー等を実施します。面白い企画になっていますのでよろしくお願いします。

 

 8番目は「兵庫県・岡山県合同空き家見学バスツアーの実施」です。

 JR姫路駅に集まっていただいて、赤穂市、相生市、上郡町、岡山県備前市の空き家を見学して移住を進めようという企画です。これは昨年本県で開催した「兵庫・岡山両県知事会議」で提案のあった事業が実現したものです。既に合同移住相談会を大阪で行っており、西播磨暮らしサポートセンターも西播磨総合庁舎内に設置をして、相談員3名が相談にのっている状況です。空き家バンクによる西播磨地域への移住数は101世帯となっていますが、サポートセンターは13世帯、各市町バンクは88世帯です。多くの方々が移住してくれることを期待しています。

 

 9番目は「『姫新線のある風景』写真展の作品募集」です。

 姫新線80周年記念事業に絡んで、姫新線のある風景写真展の作品募集を実施します。記念事業としては臨時列車を走らせて、例えば、上月まで落語列車を走らせるというようなこともやっています。

 

 10番目は「但馬物産展の開催」です。

 8月4日に但馬物産展を兵庫県庁1号館南側広場で実施します。販売品目にお酒がないなということを指摘しました。どうするのか、まだ聞いていませんが、できれば、お酒も持ってきますと言っていました。但馬のお酒では、「香住鶴」や「竹泉」などおいしいお酒がありますので、お酒も入れた方がいいのではないかというふうにアドバイスをしたところです。

 

私からは以上です。

 

質疑応答

記者:

 行革の総点検についてお伺いします。非常に項目が多岐にわたっており、どれも欠かせないものだと思いますが、特に重視するべき点があればお聞かせください。

 

知事:

 今後の点検で選び出していくことになります。先ほど説明しましたが、今回の総点検の視点を大事にしていってほしいと思っています。既存施策の見直しは、平成30年度の目標を着実に達成していく作業になります。第3の柱「新たな施策展開とプランの策定」では、今後の兵庫の発展を目指して、あるいは、県民のニーズに応えていく新たな取り組みとしては、地域創生戦略等とも関連しながら検討していくことになると思います。第2の柱「平成31年度以降の行財政構造改革のあり方を検討」では、平成30年度で終わってしまうのかという課題です。瞬間風速で収支均衡が達成したからといって翌年から収支不均衡になるようではいけませんので、平成31年度以降の対応を見定めておく必要があります。そのような意味では、国の経済・財政再生計画は2020年となっていますし、本県の地域創生戦略も2020年となっているので、2年だけ議論をするのか、5年先、10年先を見定めて、とりあえず2年先は中間年として目標設定するなどを含めて検討する必要があります。個別事業は、点検をしていけばおのずと方向が出てくると思います。組織の改編はあまりしたくないというのが私の率直な考えです。特に県民局、県民センターについては総点検の度に改編をしていますので、よほどでない限りは、見直しはしないほうが望ましい。組織は安定的なものとして課題解決に積極的に取り組んでいただければ良いと思っています。

 

記者:

 昨日の東京都知事選の結果が出ました。票数もかなりの開きがありましたが知事は、どのようにご覧になられていましたか。


知事:

 小池百合子さんの戦略が的中したということではないでしょうか。増田さん自身は、都民から見たときに知名度が低く、小池さんの知名度に追いつかなかったということではないでしょうか。東京都は、ある程度知名度がないと勝負にならない選挙区になっているので、そのような意味で増田さんは奮戦されたけれども小池さんの知名度にはかなわなかったということではないかと思っています。それと、東京都民は誇り高く、「なぜ、岩手県の知事が」ということになった人達が結構いたのではないでしょうか。我々の大先輩の阪本勝兵庫県知事が東龍太郎さんと戦いましたが、その時も「なぜ兵庫県の知事が」というムードがありましたので、東京都民からみたときの違和感があったのかもしれません。小池さんは、練馬の小選挙区で活動を展開されてきて、いわば、東京都の政治家になっておられたわけなのでこのあたりの差もあったのではないかと思っています。いずれにしても、東京都が安定してくれないと、やはり都道府県の盟主ですので我々としても小池知事にしっかりとした都政運営を安定的に築きあげていただくことを期待したいと思います。

 

記者:

 2020年に向けての行革プランや平成28年度は地域創生元年だというお話がありました。今年は、大事なスタートになるとお伺いしましたが、来年度、再来年度どのような事が重要になってくるのか、知事のお考えがあればお聞かせください。

 

知事:

 既に地域創生戦略でも述べているように、人口増対策を実施しないといけません。人口増対策は、社会増対策と自然増対策と2つに分かれます。地域の元気力を出すための地域活力をどう高めていくかも課題です。特に人口対策とも絡みますが、大学卒業生等が就職するUターン、第二新卒といわれている方に戻ってきていただくUJIターン、子育てや自然の豊かさ、環境の良さなどに惹かれてのIターンなど、UJIターンをもっと総合的に打ち出して行かなければいけないと思っています。

 

記者:

 知事就任4年目に入られた節目ということでお伺いしますが、来年度、再来年度の県政に向けた意欲についてお聞かせください。

 

知事:

 お配りした資料に記載のとおり、地域創生戦略が始まったわけなので、平成28年度は適切にスタートをさせて、平成29年度は、そのスタートのうえにダッシュをしていく、このような年にさせていただきたいと思います。それから先は、私がコメントするわけにはいきません。どのような状況であれ、1年の間に兵庫県が勢いをつけられるように努力をしていきたい。そう言う意味で、コメントの最後に、「新しい兵庫づくりの第一歩をともに踏み出そう」と書かせていただきました。

 

記者:

 その後のことは、今後ということでしょうか。

 

知事:

 その後は、私が言うのは僭越です。

 

記者:

 東京都知事選についてお伺いします。一つは、既存の政党に頼らない勝利だったと思いますが、それについてどう評価されているか。二つ目は、小池さんは、兵庫県にゆかりのある人だと思いますが知事個人としてどのようにみられているか。三つ目は、リオデジャネイロオリンピックが終われば、まもなく東京オリンピックがやって来ます。この成功に兵庫県としてどのように協力をしていくのかお聞かせください。

 

知事:

 一つ目の質問は、野党の方は野党連合で政党選挙を行われましたが、統一候補が決まったのが2、3日前であったため、組織にきちんとした徹底を図ろうとするには20日間では時間が短すぎたのではないでしょうか。一方で小池百合子さんは東京の練馬を中心とした代議士で4期の実績がある方です。しかも女性ですので、そのような意味で私も分析をしたわけでなくよくわかりませんが、女性の人達の応援がかなりあったのではないかと感じています。その辺りを含めて考えてみると、東京のような知名度が必要な選挙区の戦い方は小池さんが上手だったということではないかと思います。あと1週間程度あればどうなったか、これは神のみぞ知る話ですが、結局は、短期間すぎて与党、野党とも組織力を発揮できる余裕がなかった結果なのではないかと思います。
 二つ目の質問は、小池さんは芦屋市の出身で兵庫でも3期当選されていたと思います。しかも、関西学院大学からカイロ大学へ行かれた非常にご縁のある方です。環境大臣の時は、私もクールビズの関係で愛・地球博に動員されてファッションショーのモデルをさせられましたが、そのような企画力、アイデアを実現する実行力のある方です。そのような意味では、ご自身もおっしゃられていますが、新しい東京都像をつくろうと努力をされるのではないかと、それを期待したいと思います。
 三つ目の質問の東京オリンピック、パラリンピックは、具体的に協力できることとして、オリンピックの事前合宿について我々ができることは協力して行く。もう一つは、文化オリンピックです。カルチュラル・オリンピアードは、ロンドン大会時に文化事業が全国展開されました。そのような意味で関西広域連合も主体となってしっかり協力していこうとしていますが、兵庫県も文化オリンピックには積極的に参加をしていこうと考えています。そのことが、東京オリンピック、パラリンピックに訪れた方々が関西へ目を向けていただく、広い意味でツーリズムをしていただく大きなきっかけになるのではないか、これを実現していきたいと思います。

 

記者:

 就任4期4年目についてお伺いします。改めてこれまでの就任期間を振り返って手応え、実績をお聞かせください。

 

知事:

 重点項目は、どんどん変わってきています。1期目は、阪神・淡路大震災復興計画をどう実現して10年目を迎えるかが非常に大きな課題でした。2期目も復興計画の達成の証である「のじぎく兵庫国体」を成功させて、全国の皆さんに感謝をきちっと伝える。しかし、復興計画で未実現の点もありましたので具体化していくこととあわせて、実現していても更に伸ばしていく。3期目は、復興はある程度一段落をした新しいステージの中で兵庫の持っているポテンシャリティを伸ばしていくことが課題でした。4期目は、人口減少という大きな波の中でどう地域力を高めていくかが課題になっています。
 こんなに急速に兵庫県の人口が減るような状況に陥るとは私も思っていませんでした。その大きな要因は、人口の自然減は平成18年から始まっていましたが、問題は7000人を超える社会減の要因を見極めて、将来の社会増に変えて行く努力をしていかなければいけません。それは、転出者を出さないということと転入者を入れるということの2つの視点で対策を充実していく必要があります。これは、自然増対策とも繫がっていて、例えば、子育て環境を良くすれば兵庫で子育てしたいという人達が増えてくるわけですので、ある意味で分析的に検討し、総合的に事業を推進しなければならないと思っています。

 

記者:

 4期目4年目ということで、残り1年でやり遂げないといけないことは何か、そして、気が早い話ですが、5期目のお考えがあればお聞かせください。

 

知事:

 任期を全うすることが一つです。平成19年に検討して、平成20年から実施している行財政構造改革をきちんと平成30年の目標年次には達成できるように最大の努力をしていく。そして、体質改善がその後も引き続けるような構造にするための努力をしていくことがこの1年間の大きな課題だと思っています。

 

記者:

 明日、国の経済対策が閣議決定されることになっています。事業規模が約28兆円でインフラ整備など公共事業を重視するようにいわれています。期待されることや課題があればお聞かせください。

 

知事:

 経済対策をきちんとしていかないと、何のために消費税を2年半伸ばしたのか分からなくなってしまいます。日本経済の回復基調を持続させるような対応をしなければいけません。私は、消費税を3%上げた時点で、もう少し長期的な景気対策に取り組むべきだと思っていました。小出しに補正予算を実施したことが消費税の再延期をせざるを得なかった理由ではないかと思っています。消費水準の向上対策などについても政府として力を入れようという証ではないかと思っています。
 もう一つは、公共事業の話になると悪者論に出てきますが、例えば、兵庫県もそうですが、関西のポテンシャルが落ちてきている理由の一つにミッシングリンクが多すぎることがあります。関東や中部に比べて高速道路網などがつながっていないことや、北陸新幹線やリニアにしても方向性はできているが事業化がこれからということは、これも一種の大きなミッシングリンクです。そのような意味での基盤づくりが行われていないのが関西です。そのようなミッシングリンク対策に、是非、力を入れていってほしいと思います。
 3番目は、安全投資です。南海トラフ対策にしても、これから10年程度の間に防潮堤等の増強をしていかなければいけません。安全投資をきっちりと計画的にできるように政府として取り組んでいかなければいけないという大きな課題がありますので、それに対しても一定の配慮をし続けていただく必要があると思っています。

 

記者:

 相模原市の障害者施設での事件についてお聞きします。障害者施設に対してこれだけのことをした事件はかつてありませんでした。知事の受け止めと県として今後どのような対策を考えられていますか。

 

知事:

 大変不幸な事件が起きてしまいました。施設で自らお世話をしていたその人自身が180度考え方を変えて、しかも悲惨な行動を起こしたということですから、これは非常に例外的な事件だと私自身は考えるべきだと思います。ただし、彼自身が異常な行動をいろいろと取っており、しかも強制入院などもさせていたにもかかわらず、すぐに十分な見極めをつけずに退院させたりしているわけです。これはいつも児童虐待などのときに言っているのですが、何しろ家族と一緒に住まわせた方がよいというような思い込みがあるのです。ですから、退院・退所といったときには、客観的な第三者機関などできちんとした判定がなされた上でなければ社会にカムバックさせないというような安全装置をきちんと作る必要があるのではないかと感じました。これは、例えば防犯カメラをいっぱい付ける、あるいは侵入者があればベルが鳴るなどの物理的な警戒システムを用意した方がよいに決まっていますが、それだけで済む話ではありません。今言ったような安全に対する社会システムを作り上げていく必要があるのではないでしょうか。

 

記者:

 知事の4期目4年目のコメントについてお聞きします。先般、六甲山の観光振興が課題とおしゃっていましたが、震災の残された課題というものが今どれくらいあるとお考えですか。
 また、3度目となり大変恐縮ですが、5期目を目指されるのかどうかということについて、本日のある新聞社へのコメントで「念頭にない」というお話がありましたが、一言コメントいただければと思います。

 

知事:

 「念頭にない」というよりは、今考える事柄ではないということだと思っています。
 それから震災の残された課題については、考えてみると六甲山の例はまさしく手がついていなかった課題です。それから、ご存じのとおり被災者復興住宅で高齢化が進んできていますので、自治会運営等がもう機能しなくなったりしています。これらを今後どう運営していくのかというのも残された課題です。また、商店街だけでにぎわうのかということがありますが、商店街を中心とする、まちのにぎわいづくりも残された課題です。震災後21年が経って、全部が完了していると認識することはできませんが、概ね復旧・復興を遂げたことは間違いないのではないかと思っています。
 なお、災害援護資金貸付金の減免基準では、行方不明者等についてまだ免除ができません。
 そして、一番大きな課題といえば、大災害に対する事前の備えというものが、制度的にも物理的にもまだまだ途上にありますので、これにも力を入れていかなければなりません。

 

記者:

 今日から撤去作業の準備が始まったダイオキシンのことでお伺いします。搬入される場所が豊能町内ではあるのですが、兵庫の川西市にも近いという場所で、早速自治会からの反発もあり、もしかしたら川西市からの反発も予想されるかもしれません。

 

知事:

 こういう話は慎重に対応しなければいけません。もともと慎重さが欠けてあのような事件になってしまっているわけですから、やはり処理をしようとした場合にも、慎重な運びと適地に処分するという対応を是非期待したいと思っています。決めれば何とかなるという話ではないはずです。

 

記者:

 先週、神戸市のレク時に、私個人の見解だけどという前置きをした上で、組合だけが何が起こっているのか事情を分かっていなくて、あとの仲介業者が勝手に動いているような印象を受けたとおっしゃっていたのですが、知事からして今回のダイオキシンに関するニュースや流れを見られていて何か思われることはありますか。

 

知事:

 これは私がコメントするよりは、指導権限は大阪府ですから、大阪府や環境省が考えなければならないことだと思います。神戸市にしても、神戸市を包括している兵庫県も被害者です。ですから、きちんと復旧なり、回復をやっていただきたいというのが我々の基本的なスタンスだと思っています。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部 広報戦略課

電話:078-362-3020

FAX:078-362-3903

Eメール:kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp