ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 知事のページ > 知事エッセー > スポーツの祭典 (平成14年2月15日配信)

ここから本文です。

知事のページ

更新日:2006年9月1日

スポーツの祭典 (平成14年2月15日配信)

今アメリカロッキー山脈のふもと、ソルトレークシティーで冬季オリンピックが開催されている。日本選手団の活躍が期待される。

兵庫出身の、スキーフリースタイルの上村選手は6位入賞であった。またスケートショートトラックの田村選手は、長野オリンピックの悲劇を乗り越えて頑張ってくれるに違いない。出発前に私も県庁で悔いのない実力を発揮して下さいと励ましたところである。

スポーツの祭典といえば、兵庫県では平成18年に国民体育大会が開催される。「のじぎく兵庫国体」との愛称がつけられている。テーマが「“ありがとう”心から・ひょうごから」と、県民の皆様の応募をいただいて決められた。

あの阪神・淡路大震災からちょうど10年を経過して、創造的復興を遂げた兵庫から、国内はもとより、世界へ、「復興が成りました。ありがとう。」の心を込めて発信していきたいからだ。

そもそも国体の開催は、あの戦争後の復興を願って各県持ち回りで開催されてきたものだが、2巡目に入った今、殊に21世紀に生きる私達にとっては、地域地域の地勢や風土のもとに人々の生活が営まれていることを基に、その姿をスポーツを通してアピールすることにその意義があるのだろう。

兵庫国体は、私達にとって、日本の縮図と言われる都市から農山村に至るまで豊かな県土空間での私達の生き様を、選手や国体関係者をはじめ兵庫県民がこぞってこの大祭典を通じて、世界に発信できるようにしていきたいものだ。オリンピックのように注目されねばと決意している。

お問い合わせ

部署名:企画県民部 広報戦略課

電話:078-362-3018

FAX:078-362-3903

Eメール:kouhouka1@pref.hyogo.lg.jp