ホーム > イベントカレンダー > 兵庫県立人と自然の博物館トピックス展「カメの玩具にあらわれる外来種の影響」

ここから本文です。

更新日:2017年9月8日

兵庫県立人と自然の博物館トピックス展「カメの玩具にあらわれる外来種の影響」

三田市にある兵庫県立人と自然の博物館では、「カメの玩具にあらわれる外来種の影響」と題したトピックス展を開催します。

1970年代以降のカメの玩具

概要

主旨

戦前、日本本土の野外に広く見られたカメは、ニホンイシガメ、クサガメ、それにニホンスッポンの3種のみで、これらはいずれも、褐色や灰色を基調とした地味な体色をしています。ところが戦後になると、米国から、派手な色合いのミシシッピアカミミガメの幼体が「ミドリガメ」の商品名で多数輸入されるようになりました。このカメはやがて逃げ出したり遺棄されたりして野外の至る所で繁殖し、今では多くの場所でその数において、戦前からいた他のカメを圧倒する存在となっています。
この展示では、収集家の方によって集められたカメの玩具を経時的に並べ、時代とともにその色合いが、ちょうど上記のような野外で見られるカメ類の変遷に対応して、地味なものから派手なものへと変わってきている様子をご覧頂きます。
一般に在来種や在来生態系への影響という脈絡で取りざたされる外来種ですが、その存在は日常生活におけるわれわれ自身による身の回りの生き物の「典型」の認知を通して、玩具といった文化的な事物にも影響を及ぼすことが、端的に示されています

展示概要

(1)期 間 平成29年7月15日(土曜日)~平成29年10月15日(日曜日)
(2)場 所 兵庫県立人と自然の博物館 3階トピックス展示コーナー
(3)展示物 パネル3点、ブリキ製のカメの玩具30点

担当

兵庫県立人と自然の博物館 自然・環境評価研究部系統分類研究グループ
研究部長 太田英利

協力

山本勝也(兵庫県神戸市)
Jeffrey E. Lovich(US Geographic Survey, Flagstaff, Arizona)

日本の在来種ニホンイシガメ

日本の在来種ニホンイシガメ

ミシシッピアカミミガメ(幼体はミドリガメの商品名)

戦後幼体がペットとしてもてはやされ近年各地で繁殖しているミシシッピアカミミガメ

戦前のカメの玩具

戦前のカメの玩具

開催期間

  • 2017年7月15日(土曜日)~2017年10月15日(日曜日)

休館日は毎月曜日(祝日・休日の場合はその翌日)

開催場所

会場名 兵庫県立人と自然の博物館
会場住所 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
会場へのアクセス

<電車>
●神戸方面から
神戸高速鉄道「新開地」駅から神戸電鉄「三田」行きに乗車。
または神戸市営地下鉄「三宮」駅から北神急行電鉄「谷上」駅で神戸電鉄「三田」行きに乗り換える。
三田駅より2つ手前の「横山」駅で、「ウッディタウン中央」行きに乗り換えて、「フラワータウン」駅で下車(「谷上」駅からの所要時間約40分)。徒歩すぐ。

大阪方面から
JR「大阪駅」またはJR「尼崎駅」よりJR宝塚線(福知山線)「新三田」、「篠山口」または「福知山」行きに乗車後、「三田」駅で下車。神戸電鉄「三田」駅から「ウッディタウン中央」行きに乗車、「フラワータウン」駅で下車(JR「大阪」駅から所要時間約50分)。徒歩すぐ。


<車>
中国自動車道「神戸三田インターチェンジ(六甲北有料道路終点)」から約10分。博物館の乗用車専用駐車場はありません。近隣有料駐車場をご利用ください。ナビ利用の場合「イオン三田店(旧ダイエー)」で検索いただくと、駐車場も含めて分かりやすいです。


<バス>
●神戸方面から
JR「三ノ宮」駅東口の東側にある神姫バス三ノ宮バスターミナルから神姫バス「学園7丁目」「三田駅」または「つつじが丘北口」行きに乗車。「フラワータウンセンター」で下車(所要時間約50分)。徒歩約5分。
※すべてのバスは「新神戸」駅を経由。なお一部のバスは「フラワータウンセンター」に停車しませんので、必ず「フラワータウンセンター経由」であることを確認してください。

地図 地図

主催

兵庫県立人と自然の博物館

お問い合わせ先

主催者名 兵庫県立人と自然の博物館
住所 兵庫県三田市弥生が丘6丁目
電話 079-559-2001
FAX 079-559-2007

関連メニュー

【休館日】
月曜日(祝日・休日の場合はその翌日)
年末年始(平成29年12月28日(木曜日)~平成30年1月2日(火曜日))

【開館時間】
開館時間10時00分~17時00分(入場は16時30分まで)

【観覧料など】
大人200円、大学生150円、70歳以上100円、高校生以下無料

*平成29年4月1日より県立施設における観覧料・使用料の見直しに伴い観覧料を一部改正いたしました。(外部サイトへリンク)

高校生以下は県内・県外問わず無料です。
70歳以上の方、障害のある方は証明書をご提示ください。障害者1名につきその介護者1名は無料です。
再入場をご希望の方は、当日に限り可能です。※入館時のチケット(半券)をお持ち下さい。
団体でのご観覧を希望される場合は、事前に生涯学習課までご連絡(外部サイトへリンク)をお願いいたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:兵庫県立人と自然の博物館   生涯教育課

電話:079-559-2001

FAX:079-559-2007

一般に在来種や在来生態系への影響という脈絡で取りざたされる外来種ですが、その存在は日常生活におけるわれわれ自身による身の回りの生き物の「典型」の認知を通して、玩具といった文化的な事物にも影響を及ぼすことが、端的に示されています。