ホーム > 2019年9月記者発表資料 > 認知症の人や高齢者にやさしい社会づくり~バス事業者・市町と連携した認知症対策の推進~

ここから本文です。

認知症の人や高齢者にやさしい社会づくり~バス事業者・市町と連携した認知症対策の推進~

2019年9月2日

担当部署名/阪神北県民局宝塚健康福祉事務所(企画課)  直通電話/0797-72-0054

阪神北県民局では、認知症の人や高齢者にやさしい社会づくりを推進しています。
平成30年度からは、誰もが安心して買物ができる「阪神北・認知症サポート商店街」の認定・支援に取り組んでいます。
今年度は新たに、バス事業者、市町と連携し、バス車両を利用した普及啓発や、認知症サポーターの養成を実施するなど、認知症の人や高齢者が安心して外出できるまちづくりを進めます。

  1. バス車両を利用した普及啓発【新規】
  2. バス運転士等を対象とした認知症サポーターの養成【新規】
  3. 「阪神北・認知症サポート商店街」の認定・助成
  4. 認知症シンポジウム「みんなで支える社会をつくりましょう(仮題)」の開催

 

詳細は、別添資料をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。