ホーム > 地域・交流・観光 > 地域づくり・県民運動 > 阪神北県民局 > (阪神北地域)こころ豊かな美しい阪神北推進会議 > (阪神北地域)平成25年度阪神北☆夢づくり応援事業~助成のご案内~

ここから本文です。

更新日:2015年3月23日

(阪神北地域)平成25年度阪神北☆夢づくり応援事業 助成のご案内 

行政とのパートナーシップのもと、阪神北地域の主要な課題解決とよりよい地域作りを目指す取り組みにたいして助成する「阪神北☆夢づくり応援事業」の参加団体を募集します。

※募集は終了しています。

対象団体

次の要件を全て満たす団体であること

  1. 阪神北地域内で活動している団体
  2. 組織、運営、代表者に関する事項を定めている団体
  3. 同一事業に兵庫県または市町から他の助成金を受けていない団体

助成金額 

  • 対象事業Aについては、上限20万円
  • 対象事業Bについては、上限10万円

 いずれも助成金額は1万円単位とします。

助成期間

  • 1団体につき、最長3年を原則とする。(ただし、毎年審査の上決定)

対象事業

阪神北地域が抱える課題の具体的な解決に向けて取り組む活動で、次のいずれかに該当する事業(1団体1事業のみ申請可)

※以下に該当する事業は対象から除きます。

  • 宗教活動、政治活動を目的としたもの
  • 公序良俗に反するものや法律等に抵触するもの

※昨年まで実施しました地域の魅力ある資源を創造する「北摂里山博物館構想」に資する事業については、別途募集します。

(事業テーマA)新たな北摂文化の振興に向けた「魅力ある交流・発信」に資する事業

「きらっと☆阪神北オータムフェスタ」月間(11月)に実施される対象事業を優先します。

(事業例)

  1. 阪神北の魅力(歴史、文化、豊かな自然、都市の魅力、豊富な特産物など)を発信する事業
  2. 阪神北地域全体のイメージアップを図る事業
  3. 「高い市民力(活発なボランティア活動やNPO活動など)が支える元気な阪神北」のイメージを発信する事業
  4. 参加・体験型のイベントやガイド冊子の作成等のツーリズム促進事業
  5. 空き店舗等で取り組む地域活性化事業
  6. 商店街・商業施設や地域資源を広く紹介するパンフレットやQRコードを活用した広報媒体の作成等集客促進事業

「きらっと☆阪神北オータムフェスタ」について

「魅せる まじわる つながる HANKITAの秋」をテーマに11月の1ヶ月間に、阪神北地域で、個性あふれる多様なイベントを集中的に開催するとともに、この地域の魅力を一同に集め、発信するシンボルイベントを阪神北管内の市町と連携して開催しています。
25年度は、シンボルイベントを11月下旬に伊丹市で開催予定です。

(事業テーマB)地域の安全・安心に資する先導的・広域的な事業

※「広域」とは、複数の市町に関するものを指します。

※本テーマには、「協働の相手方」が必要です。

※市町に類似の助成事業がある場合は対象外です。

(事業例)

  1. 児童虐待防止に資する事業(児童虐待防止研修、子育てサロン、子育て家庭相談事業等)
  2. 三世代交流事業(伝統料理教室、読み聞かせ交流会、文化発表交流会等)
  3. 福祉の充実推進事業(小児救急知識の普及啓発、ユニバーサル社会推進事業、障がい者就労・生きがい支援事業など)
  4. 災害に強いまちづくり事業(ハザードマップ・防災マップの作成、防災訓練、図上訓練等)
  5. さわやかで快適な環境づくり事業(エコライフ推進事業、環境学習事業(里山関係以外)、緑化推進事業、廃棄物不適正処理防止活動等)
  6. その他地域の安全・安心に資する事業

対象事業の期間

  • 平成25年4月1日~平成26年3月31日に実施され、完了する事業

助成対象経費

  1. 謝金
    講師・一時保育者謝金
    ※スタッフ・協働の相手方も可。ただし、一人1回あたり3万円上限。
  2. 旅費
    講師交通費実費、活動に要するスタッフ交通費実費
    ※自家用車等での移動にかかる経費、乗車カード購入費、タクシー代は不可
  3. 広報宣伝費
    PRポスター・チラシ・パンフレット・冊子・のぼり等作成費等
    ※領収書のない電話・FAX代は不可
  4. 需用費
    活動資材・材料費、看板等制作費、事務用品等消耗品、資料コピー代、物品による謝礼等
  5. 役務費
    郵送・運搬費、会場設営・撤去費、看板・のぼり等設置費、イベント保険料等
    ※領収書のない電話・FAX代は不可
  6. 使用料
    会場・付属設備使用料、機器レンタル・リース料、バス借上料等
    ※バス借上料の助成は25,000円を上限
  7. 委託費
    事業に必要な業務を委託する経費
    ※助成対象経費の1/2を上限
  8. その他
    事業の実施にあたり、必要性が明確に認められる経費

助成対象外経費

  • 団体の経常的な活動経費、運営費(定例会議や事務所維持経費等)
  • イベント・講座等の参加者が負担することが妥当と考えられる経費(食材費、工作体験等の材料費、テキスト代等)
  • ガソリン代
  • 自家用車等での移動にかかる経費、乗車カード購入費、タクシー代
  • 参加者粗品・景品代
  • 食料費(会議の茶菓代、昼食代等)
  • 備品購入費(1品5万円以上かつ耐用年数が1年以上のもの)
  • 領収書がない等、使途が不明な経費

ページの先頭へ戻る

2.応募方法 

  • 募集期間
    平成25年4月1日(月曜日)~平成25年5月17日(金曜日)必着
    ※要持参。下記にご連絡の上、来訪日時を予約してください。
  • 申請書類の提出先
    こころ豊かな美しい阪神北推進会議事務局(兵庫県阪神北県民局内)
    〒665-8567 宝塚市旭町2-4-15
    電話:0797-83-3137
    FAX:0797-86-4379

ページの先頭へ戻る

3.審査方法 

  1. 企画提案会の開催
    平成25年6月(予定) ※詳細は後日応募団体に連絡します。
    申請書類により「企画提案会」で審査し、助成事業及び助成金額を決定します。なお、助成額10万円を超える場合は、必要に応じて、事業内容のプレゼンテーションを求めます。
  2. 助成対象事業等の決定
    助成事業の採否及び助成金額については、文書で通知します。

ページの先頭へ戻る

4.実績報告と支払い等 

  1. 実績報告書の提出
    事業完了後14日以内に実績報告書を提出してください。なお、提出期限までに報告書の提出がない場合は、助成金の交付決定を取り消すことがあります。
  2. 助成金の支払い
    実績報告書を確認のうえ助成金額を確定し、助成金請求書により指定された口座へ助成金を振り込みます。(必要と認められる場合には、前払いを行います。)
  3. チラシ等への記載
    助成事業については「阪神北☆夢づくり応援事業」による助成を受けていることをPRチラシやパンフレット等へ記載願います。

ページの先頭へ戻る

5.その他 

  1. ホームページ等による事例の紹介
    助成事業を通じて得られたノウハウを広く役立てるため、ホームページや事例集などで紹介させていただきます。
  2. 報告会・交流会の開催
    3月の「きらっと☆カフェ」(下記参照)にて、「報告会・交流会」を実施しますので、ご出席いただき、取り組みの概要と成果等を発表していただきます。(パネル展示可)
  3. 交流サロン「きらっと☆カフェ」への参加
    阪神北県民局では、世代や市町域・分野を越えた「自由」で「広い」情報交換の場として、毎月1回(原則17日)、地域団体が気軽に参加できる交流サロンを開催しています。
    活動する上での悩みや活動のステップアップ方法などについて、参加者からのアドバイス・お役立ち情報の意見交換などありますので、ご参加ください。
    ※詳細は下記問い合わせまで

 ページの先頭へ戻る


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神北県民局 県民交流室

電話:0797-83-3137

FAX:0797-86-4379

Eメール:hanshinkkem@pref.hyogo.lg.jp