ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 障害者就労支援 > 阪神南 障害者のしごと支援事業「みんなのしごと」 > 「ものづくりの絆市」の出店

ここから本文です。

更新日:2019年12月6日

「ものづくりの絆市」の出店

秋分の日(9月23日)に、西宮市で開催された「ふれあいネットワークフェスティバルin西宮2014」に、「ものづくりの絆市」(昨年度実施した「障害者就労支援施設リーダー養成講座」を受講した10施設による)を出店しました。
当日は来場者にクッキー等の試食をしてもらったりして授産製品のPRや販売とともに、ニーズ調査も行いました。

ふれあいネットワークフェスティバルin西宮2014

このイベントは、就労障害者の支援活動をされているボランティア団体「西宮ふれあいネットワーク」が、障害者就労支援施設の活動等についての認知度向上、障害者の社会参加の促進を目的に毎年開催しており、今回が6回目となります。

開催日時:平成26年9月23日(秋分の日)10時から16時
開催場所:西宮市六湛寺公園(西宮市役所前)

準備風景201409
オープン前の入念な準備風景

テント4張りを食品、和雑貨、紙製品、布小物のブースに分け、来場者が商品を見やすく、そして接客しやすい形にレイアウトしました。

ディスプレイの工夫
工夫をかさねた商品ディスプレイ

昨年の講座で学んだ「見せる商品の置き方」を実践し、立体感のあるディスプレイで商品を引き立たせ、ポップをつけるなど見やすいよう工夫しました。また、子ども向けの商品は、目線を低く配置するなど、講座の成果が発揮されました。

クッキーなどの食品
試食を伴うクッキー等の食品コーナー

かわいい小物
可愛くて使いやすい小物雑貨たち

ニーズ調査
「どんなグッズがあれば良いですか?」

積極的な接客を心がけて、何気ない会話から思いをつかみ、商品を説明して買ってもらいました。親子連れが多く、携帯用ストラップなどの小物雑貨もよく売れました。
また、購買行動を把握するため、購入していただいた人の性別、年齢層、購入単価、同伴者の有無、ファッション等を調査し、今後の製品づくりに役立てます。

会場風景
好天にも恵まれて大盛況の会場

秋の好天にも恵まれ、来場者は例年より多く4千人程あったとのことです。「ものづくりの絆市」のコーナーだけでも雑貨が約5万円、食品が約3万円の売り上げとなり、多くの方に購入いただきました。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 芦屋健康福祉事務所

電話:0797-32-0707

FAX:0797-38-1340

Eメール:Ashiyakf@pref.hyogo.lg.jp