ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 道路整備 > 阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)/最新トピックス

ここから本文です。

更新日:2015年10月5日

阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)/最新トピックス

 (平成27年10月)
阪神本線(鳴尾駅付近)における下り線高架切替による事業効果
 踏切遮断時間が大幅に短縮、渋滞が緩和されました

連続立体交差事業を進めている阪神本線の鳴尾駅付近について、下り線が、平成27年3月14日から高架に切り替わりました。これにより、この区間にある(都)小曽根線など幹線道路の踏切遮断時間が大幅に短縮し、渋滞が緩和されました。
 なお、今回の下り線高架化に引き続き、上り線についても、平成28年度末の高架化に向け、工事を推進していきます。

■阪神本線(鳴尾駅付近)における下り線高架切替による事業効果(PDF:442KB)

 

 

 

 


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 西宮土木事務所

電話:0798-39-1541

FAX:0798-34-3097

Eメール:nishinomiyadoboku@pref.hyogo.lg.jp