ホーム > まちづくり・環境 > 道路・港湾・河川 > 道路整備 > (阪神南地域)阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)

ここから本文です。

更新日:2017年3月1日

(阪神南地域)阪神本線連続立体交差事業(鳴尾工区)

事業概要 

20121016koukusyasin武庫川駅~甲子園駅の様子

阪神電気鉄道甲子園駅~武庫川駅間には,鉄道と平面交差する道路(踏切)が6ヶ所あり,交通渋滞や事故の発生など,道路交通の大きな障害となっています。また,同区間は南北の市街地を分断するなど,均衡の取れた都市の発展の阻害要因となっています。特に,都市計画道路小曽根線では1日当たり10時間,ピーク時には1時間のうち約42分が踏切で遮断されており,交通渋滞が慢性化しています。
当地区における連続立体交差事業は,このような課題を解消するため,鉄道を高架化することにより踏切6ヶ所を除去するとともに,新たな交差道路の整備を行って,道路交通の安全性の向上と円滑化を図ります。また,土地区画整理事業による鳴尾駅周辺整備と合わせて市街地の一体化を図ります。
本事業は都市計画事業で,兵庫県を事業主体とし,県,西宮市,阪神電気鉄道株式会社の三者で施行するものです。

■全体計画

 事業箇所  西宮市甲子園浦風町から西宮市小松南町1丁目
 事業区間  阪神電気鉄道本線甲子園駅~武庫川駅間
 事業延長  約1.87km
 事業費  約297億円
 高架方式  北側仮線方式
 側道整備  阪神本線付属街路鳴尾1号線 L=411m W=9m
 阪神本線付属街路鳴尾2号線 L=354m W=10m
 阪神本線付属街路鳴尾3号線 L=401m W=10m
 阪神本線付属街路鳴尾4号線 L=196m W=6m
 事業期間  平成15年度から平成30年度

 

 

■完成のイメージ



■施工順序

 

 

■最新トピックス    「平成29年3月18日高架切替」「高架切替記念イベント」

 

 

 

事業のスケジュール

昭和56年9月に西宮市議会にて、「阪神本線甲子園・武庫川間の高架化促進についての請願」が採択されたことを契機に計画が進められてきました。先ずは基礎調査や地元説明会を実施するなどの基礎固めを行い、平成15年には事業認可を得て、用地買収や設計など具体的な計画を開始しました。平成20年度には用地の買収が完了し、工事に着手しました。

事業のスケジュールは、次のようになります。


■これまでの経緯


昭和56年 9月 西宮市議会にて、「阪神本線甲子園・武庫川間の高架化促進についての請願」が採択される
平成 4年 7月 鳴尾連合自治会、市議会、西宮市の3者による「阪神電鉄甲子園以東高架促進に関する懇談会」が発足
平成 4年度  西宮市において、高架化に向けた基礎調査を実施
平成 6年 9月    鳴尾連合自治会が県知事に対し、高架促進について要望
平成 7年度  西宮市震災復興計画および兵庫県阪神淡路大震災復興計画の中で、阪神連立事業(甲子園~武庫川間)が震災復興事業として位置づけられる
平成8~9年度  連続立体交差事業調査(公共調査)を実施
平成10年7月  鳴尾連合自治会が県知事に対し、高架促進について要望
平成10年11~12月  第1回地元説明会を開催
平成11年9月 鳴尾連合自治会が県知事に対し、高架促進について要望
平成12年度  着工準備が採択される
平成12年4月  第2回地元説明会を開催
平成13年11~12月  第3回地元説明会を開催
平成14年度  都市計画案の縦覧、都市計画審議会、都市計画決定(H15年3月7日)
平成15年度  事業認可(H15年9月17日)、事業実施、用地買収開始
       ~ 用地買収、設計、環境調査等を実施
平成20年度  用地買収、工事着手
平成23年7月  仮上り線切替
平成24年10月 仮下り線切替
平成27年3月 下り線高架切替(H27年3月14日)

 
■今後の予定 (おおむねのスケジュールであり、確定したものではありません。)

平成28年度  上り線高架切替
平成29年度  側道・交差道路工事着手
平成30年度  道路工事完了(事業完了)

連続立体交差事業の概要 

連続立体交差事業は、鉄道を連続的に高架化または地下化することにより、複数の踏切を一挙に除却し、踏切による交通渋滞、事故を解消する事業です。また、連続立体交差事業は線路で分断された市街地の一体化を図り、都市活動の活性化に寄与するものです。
この「連続立体交差事業」は、都市計画事業として、都市側が(国からの補助金を含み)費用の約9割を負担して実施するものですが、鉄道側も高架下を利用できることなどによる利益分として費用の約1割を負担しています。


 ■踏切すいすい大作戦

「踏切すいすい大作戦」では、歩道拡幅や鉄道の立体化(連続立体交差事業)などの踏切対策を道路整備の一環として積極的に推進しています。連続立体交差事業等の踏切対策を実施している地方公共団体及び鉄道事業者が参加しています。

以下の資料は「踏切すいすい大作戦」のホームページにリンクされています。


踏切すいすい大作戦(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 西宮土木事務所

電話:0798-39-1541

FAX:0798-34-3097

Eメール:nishinomiyadoboku@pref.hyogo.lg.jp