ホーム > まちづくり・環境 > 都市計画・整備 > 尼崎21世紀の森 > コミュニティサイクル社会実験の実施

ここから本文です。

更新日:2017年9月20日

コミュニティサイクル社会実験の実施

尼崎の森中央緑地へのアクセスの向上及び自転車の利用促進によるまちの活性化を図るため、県が推進する「自転車まちづくり」のモデル市である尼崎市において、観光等で利用できるコミュニティサイクルの導入に向けた社会実験を同市と共同で実施します。

【コミュニティサイクルとは】

街中に自転車貸出・返却拠点(ポート)を設置し、利用者がどのポートでも貸出・返却できる交通手段。

1.実施概要

(1)期間

平成29年10月1日(日曜日)から11月30日(木曜日)【水曜日定休】

(2)利用時間

9時30分から18時00分まで

(3)利用台数

30台(電動自転車15台、普通自転車15台を4カ所のポートに分散)

(4)ポート

4カ所(尼崎の森中央緑地、阪神尼崎駅、阪神出屋敷駅、阪神尼崎センタープール前駅)

(5)利用料金

無料

2.ポート設置箇所周辺図

社会実験マップ

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 尼崎港管理事務所 尼崎21世紀プロジェクト推進室

電話:06-6105-4434

FAX:06-6481-8251

Eメール:ama21@pref.hyogo.lg.jp