ホーム > 防災・安心・安全 > 防災 > 地震・津波対策 > 阪神南地域津波一時避難場所マップ

ここから本文です。

更新日:2015年8月25日

阪神南地域津波一時避難場所マップ

今世紀前半に高い確率で発生すると予想されている南海トラフ巨大地震による津波からの避難対策として、圏域内にある全ての津波一時避難場所(津波避難ビル)の情報(位置(所在地)、ビルの名称、収容人数)を地図上に掲載しました。

1.「津波一時避難場所」とは?

津波から逃れるためには、より標高の高い安全な場所に避難することが一番確実ですが、避難のための時間的余裕がない場合等には、緊急手段として、鉄筋コンクリート造の3階建以上の津波襲来に耐えられる建物に一時的に避難することが有効になります。

このような建物を「津波一時避難場所(津波避難ビル)」といい、管内3市(尼崎市、西宮市、芦屋市)では、積極的に指定事務を進めています。

2.「阪神南地域津波一時避難場所マップ」とは?

管内3市にある「津波一時避難場所(津波避難ビル)」を、「阪神南地域津波一時避難場所マップ」として地図情報に表し、各津波一時避難場所の住所、収容人数等の情報を広域的に知ることができるようにしました。

津波による浸水が想定される区域に居住又は勤務されている方は、日頃から「津波一時避難場所」の位置や経路を確認し、万一の場合に備えて下さい。

3.「阪神南地域津波一時避難場所マップ」を見るには?

パソコン、スマートフォン、携帯電話のいずれからでも、下記をクリックしていただくことで見ることができます。

パソコンによる阪神南地域津波一時避難場所マップ(外部サイトへリンク)

スマートフォンによる阪神南地域津波一時避難場所マップ(外部サイトへリンク)

携帯電話による阪神南地域津波一時避難場所マップ(外部サイトへリンク)

お願い!

津波一時避難場所(津波避難ビル)は、ビル所有者のご協力を得て「緊急的かつ一時的」な避難場所として指定しているものです。

津波警報が解除されましたら、速やかに自宅又は指定の避難所へ移動いただくようご協力をお願いします。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 県民交流室

電話:06-6481-7641

FAX:06-6481-8148

Eメール:hanshinm_kem@pref.hyogo.lg.jp