ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 21世紀兵庫長期ビジョン > 地域ビジョン > 阪神南県民センター地域ビジョン

ここから本文です。

更新日:2018年3月1日

阪神南県民センター地域ビジョン

改訂版「阪神市民文化社会ビジョン-「新しい公」の発展のために-」

「阪神市民文化社会ビジョン-「新しい公」の時代をめざして-」は、市民自らが描く地域の将来像として、平成13年2月に策定しました。その後10年が経ち、少子高齢化、価値観の多様化など、私たちの地域を取り巻く状況は、大きく変わりつつあります。

このような時代潮流の変化を踏まえて、阪神南地域と阪神北地域のビジョン委員を中心に「阪神市民文化社会ビジョン」の点検・見直しを行い、平成23年10月、2040年頃を展望した私たちの行動指針として、改訂版「阪神市民文化社会ビジョン-「新しい公」の発展のために-」を策定しました。

阪神南センター・阪神北県民局では、地域づくりに携わる様々な主体と協働し、また、様々な活動を支援しながら、新たなビジョンの実現を目指してまいります。

改訂版「阪神市民文化社会ビジョン」について

阪神南地域ビジョン委員会

第8期阪神南地域ビジョン委員会は、公募で選ばれた委員60名と学識経験者などによる専門委員11名、アドバイザー1名で構成され、ビジョンの推進に向け、様々な実践活動に取り組んでいます。

第8期阪神南地域ビジョン委員会役員・グループ(PDF:165KB)

第8期阪神南地域ビジョン委員会各活動グループ予定表(2~3月)(PDF:88KB)

第8期阪神南地域ビジョン委員会HP(外部サイトへリンク)

前期(7期)活動状況(活動記録集1(PDF:6,177KB)活動記録集2(PDF:9,215KB)

各種指標からみる「阪神市民文化社会ビジョン」(阪神南地域)が描く将来像の達成状況

「阪神市民文化社会ビジョン(平成13年2月策定・平成23年10月改訂)」が描く将来像にどの程度近づいたか(達成状況)を各種指標により測りました。この指標も活用しながら、地域ビジョンの実現に向けてフォローアップしていきます。
なお、指標等については、より適切に評価するものとなるよう、適宜見直しを行います。

 

地域ビジョン委員会活動グループの活動成果を測るための「活動成果評価シート」を用いて、活動グループごとに活動内容を自己評価・検証し、今後の活動の向上を目指しています。

平成29年度阪神南地域夢会議を開催しました

県では、社会が大きく変容する2030年に向け、希望ある道筋を描くため、兵庫のゆたかな社会のあり方と進むべき方向を県民とともに考え、これからの兵庫づくりに向けた県政のあらたなステージを展望します。
今回の夢会議では、「兵庫2030年の展望(仮称)」の策定に向け、阪神南地域のビジョン委員と尼崎・西宮・芦屋の15の県立高校の高校生が多数参加し、2030年の兵庫に向けた課題や夢を語り合いました。aisatu

  1. 日時:平成29年11月25日(土曜日)13時30分~16時30分
  2. 場所:西宮市市民交流センター
  3. テーマ:「2030年の阪神南をデザインしよう」
  4. 参加者:102人
  5. 内容:
  • 阪神南地域ビジョン委員長あいさつ、来賓紹介
  • 兵庫県職員による「兵庫2030年の展望」案の説明
  • グループワーク
    テーマに沿って9つの班に分かれ、2030年にこの地域がどうなっていてほしいか、またそのために「行政」「企業等」「私たち」
    それぞれができることについて話し合いました。

(1)情熱と才能が輝く人づくり 7han
(2)希望が叶う出産・子育て
(3)人と元気が行き交う五国
(4)自然と調和した環境先進地
(5)自然と調和した環境先進地
(6)人財力を高める新しい働き方
(7)健康長寿で安心な暮らし
(8)高まる防災力と復元力
(9)高まる防災力と復元力

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 県民交流室

電話:06-6481-7641

FAX:06-6481-8148

Eメール:hanshinm_kem@pref.hyogo.lg.jp