ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 阪神南県民センター > 平成29年8月センター長メッセージ

ここから本文です。

更新日:2017年8月3日

平成29年8月センター長メッセージ

尼崎文化協会創立70周年事業として、尼崎城址公園内に「戸田左門氏鉄(とださもんうじかね)公の顕彰碑」が建立され、7月25日に除幕式がありました。

 

顕彰碑除幕式

戸田左門氏鉄顕彰碑除幕式

戸田左門氏鉄って、ご存知ですか?

氏鉄は、江戸時代に尼崎城を築いた初代尼崎藩主です。1617年(元和3)年に尼崎入りし、翌18年から尼崎城の築城に着手し、完成させました。このほか、寺町を含む城下町の建設、自身の通称が付けられた左門殿川(さもんどがわ)の堀削など多くの事業を手掛け、現在の尼崎発展につながる基礎を築きました。

顕彰碑は、氏鉄が近江国膳所から尼崎に領地替えを命じられて400年になることを記念し、その功績を讃えるため、建立されました。

この尼崎城は、明治6年、政府による廃城令により取り壊されました。そのため、「尼崎城って何?」「尼崎にお城なんてあったの?今まで聞いたこともなかった」と言われる方も多いと思います。

現在、尼崎城の再建工事が阪神尼崎駅南東の城址公園内において、平成30年秋の竣工を目指し本格化しています。再建される城は鉄筋コンクリート5階建てで、4層の天守などからなります。

尼崎城の再建に多くの方々に参画していただこうと、「尼崎城一枚瓦寄附」や「尼崎城一口城主寄附」の募集も行われています。

このたびの顕彰碑建立をきっかけに、地域の歴史や今後の地域のあり方について考える機会にしていただくとともに、再建される尼崎城が市民に親しまれ、市の歴史的なシンボルとなることを大いに期待しています。

 

 

過去のセンター長メッセージ

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 県民交流室

電話:06-6481-7641

FAX:06-6481-8148

Eメール:hanshinm_kem@pref.hyogo.lg.jp