ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 阪神南県民センター > 平成30年12月センター長メッセージ

ここから本文です。

更新日:2018年12月28日

平成30年12月センター長メッセージ

コミュニティサイクルが尼崎に登場!

 冬らしい寒さがやってきました。年末から年始にかけて大掃除や新年の準備、忘年会や新年会等々と慌ただしい毎日が続き、疲れが現れやすい季節でもあります。
 そこでリフレッシュに最適な「サイクリング」をご提案します。

 尼崎は、東西に阪急・JR・阪神と鉄道網が発達していますが、南北移動はバスに頼ります。しかし、運行ダイヤや停留所の遠近などを考慮すると、自転車も有効な移動手段です。尼崎市域は高低差が10メートルほどしかありませんから、これほど自転車利用に適した地域はありません。
 ちょっとした用事で出かけた時に、あるいはビジネスや観光で尼崎に来た時に、手軽で安価に自転車が利用できれば住民や来訪者の利便性が高まることから、兵庫県阪神南県民センターでは尼崎市と共同で「コミュニティサイクル社会実験」を行っています。
 この実験は、民間共同事業体(阪神ステーションネット、シナネンサイクル、OpenStreet)が実施するもので、特徴は、①複数のステーションで自由に乗り降り可能なシェアサイクル方式、②スマホアプリやURLで簡単手続き(会員登録・予約・貸出・返却・料金支払)、③15分60円、24時間最大1,000円の安心料金、④自転車は電動アシスト自転車などです。
 期間は2018年12月1日~2020年3月31日と16ヵ月間の長期社会実験ですから、阪急武庫之荘駅・JR立花駅・尼崎市役所・阪神尼崎駅・尼崎スポーツの森など12カ所のサイクルステーション以外にも更にステーションを増設予定です。尼崎に定着させて、西宮・芦屋にも広げたいものです。
 私も阪神尼崎センタープール前駅で借りたコミュニティサイクルで、県立尼崎の森中央緑地まで行ってきました。皆さんもぜひどうぞ。

詳しくは https://web.pref.hyogo.lg.jp/hsk07/21mori/komyunithisaikuru.html

 

 県政150周年にあたる平成30年は、大阪北部震災・西日本豪雨・台風21号などによる被害を受け、一層の安全安心対策が必要となった年でした。安全安心こそ住みやすいまちの基礎です。これからも、誰もが住んでみたい住んで良かったと思える「安心して暮らせる阪神南地域」の実現に取り組みます。
 新しい年もどうぞよろしくお願いします。                                  

過去のセンター長メッセージ

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 県民交流室

電話:06-6481-7641

FAX:06-6481-8148

Eメール:hanshinm_kem@pref.hyogo.lg.jp