ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 21世紀兵庫長期ビジョン > 地域ビジョン > 阪神南県民センター地域ビジョン

ここから本文です。

更新日:2019年2月5日

阪神南県民センター地域ビジョン

阪神南地域夢会議・さわやかフォーラム「11年後の未来新聞~2030年の阪神南~」参加者募集!

健康寿命が延び、技術革新が進み、働き方や暮らし方が大きく変わると予想される2030年。これからの地域のために私たちは何ができるでしょうか。今回の夢会議では高校生も参加して、一緒に阪神南の未来を話し合い「11年後の未来新聞」を作ります。

  1. 日時:平成31年3月9日(土)13:30~16:30
  2. 場所:西宮市大学交流センター 大講義室 地図はこちら(外部サイトへリンク)
  3. 内容:「子育て」「健康長寿」「自然との共生」「防災」「交流」のテーマごとにグループに分かれ、阪神南地域の将来像と私たちの進むべき方向について意見交換し、地域の未来を描いた「未来新聞」を作って発表します。
  4. 定員:100人(先着順)
  5. 参加申し込み:2月22日(金)締切。下の募集チラシが参加申込書になっています。

改訂版「阪神市民文化社会ビジョン-「新しい公」の発展のために-」

「阪神市民文化社会ビジョン-「新しい公」の時代をめざして-」は、市民自らが描く地域の将来像として、平成13年2月に策定しました。その後10年が経ち、少子高齢化、価値観の多様化など、私たちの地域を取り巻く状況は、大きく変わりつつあります。

このような時代潮流の変化を踏まえて、阪神南地域と阪神北地域のビジョン委員を中心に「阪神市民文化社会ビジョン」の点検・見直しを行い、平成23年10月、2040年頃を展望した私たちの行動指針として、改訂版「阪神市民文化社会ビジョン-「新しい公」の発展のために-」を策定しました。

阪神南センター・阪神北県民局では、地域づくりに携わる様々な主体と協働し、また、様々な活動を支援しながら、新たなビジョンの実現を目指してまいります。

改訂版「阪神市民文化社会ビジョン」について

第9期阪神南地域ビジョン委員会

「阪神市民文化社会ビジョン」の推進に向けた実践活動に率先して取り組み、地域に活動を広めていくため、soukai
2年を1期として阪神南地域ビジョン委員会を設けています。

平成30年4月に始まった第9期阪神南地域ビジョン委員会は、公募で選ばれた委員80名と学識経験者などによる専門委員4名、アドバイザー1名で構成され、7つのグループに分かれて様々な活動を展開しています。

 

 

 

行動目標

グループ名

活動内容

多様で個性的なライフスタイルを育むことができる社会をつくる

アート・カルチャーグループ

芸術文化活動への参画を通して、創造性を育み、豊かな個性や多様な人間性理解を深めることを目的に活動します。11月にふれあいバスツアー撮影会を行うほか、3月には阪神南ふれあい美術展を開催する予定です。

自律と協働による温かいコミュニティをつくる

夢ひろばグループ

子供達、子育て世代の親、高齢者、そして障がいを持つ人達など、積極的に地域社会に入っていけずに孤独や孤立感をかかえている人のコミュニティ参加をサポートしていきます。「食べる」「体を動かす」「歌をうたう」「遊ぶ」など、誰もが参加できるイベントを開催し、多世代にわたる人達に参加していただき、地域に根付いたコミュニティを作っていきたいと考えています。

こどもひろばグループ

私達は、学生・働き盛り・年金生活者と幅広い世代のメンバーからなるグループです。子どもを中心に、子どもに関わる人達までの支援ができる「居場所」づくりを目指します。まずは阪神南地域の現状調査から着手。課題をメンバーで共有し、地域の人達にも意見を求めながら、目標を無理せずに達成しようと考えています。

チャレンジユニバーシティーグループ

阪神南は大学が数多くある地域です。阪神南を中心に活動する学生達が、新たな時代に求められる能力を身に付け、地域の発展に寄与できる人材へと成長することをサポートするため、産業界や阪神間の大学と連携し、学生が参加するワークショップを開催します。

自然と豊かに調和した安全・快適な都市環境を創造する

緑豊かで安全な街づくりグループ

阪神間の自然景観や環境を守ってきた樹木を再生し、景観保護・創造を図ります。また、市民とともに地区防災計画の策定を進め、近年多発する災害への備えを行います。
いずれも市民が自分のこととして感じることが大切で、私達の活動がそのきっかけとなることを目指します。

豊かさとにぎわいを創出する新たな阪神経済を展開する

グローバルコミュニケーショングループ

阪神南地域は、魅力的な観光スポットだらけです。商店街、寺社仏閣、酒蔵、尼崎城!そして関空からも、大阪からも近い。外国人や留学生などに、まだ知られてないわがまちの魅力を案内し、地元の人と集い、楽しみ、遊ぶ。いつもどおりの飾らないまちのよさを伝えたい。私達は阪神南から賑わいを創出し経済の活性化を目指します。

元気な街づくりグループ

阪神南地域の歴史と文化と産業を活性化させるための活動を行います。現在、阪神南を海から眺めるツアーや、阪神南地域のスイーツをキーワードにした事業、来年3月の尼崎城のオープンに合わせ、尼崎城下町の旨いモノと史跡探索などを企画しています。

 

facebook_icon阪神南地域ビジョン委員会の各グループの活動は、フェイスブックで詳しくご覧いただけます。活動報告のほか、イベントなどのお知らせや参加者募集も行っています。

 阪神南地域ビジョン委員会フェイスブックページへ(外部サイトへリンク)

各種指標からみる「阪神市民文化社会ビジョン」(阪神南地域)が描く将来像の達成状況

「阪神市民文化社会ビジョン」(平成13年2月策定・平成23年10月改訂)が描く将来像にどの程度近づいたか(達成状況)を各種指標により測りました。この指標も活用しながら、地域ビジョンの実現に向けてフォローアップしていきます。


第8期阪神南地域ビジョン委員会(平成28年4月~平成30年3月)の活動はこちらをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:阪神南県民センター 県民交流室

電話:06-6481-7641

FAX:06-6481-8148

Eメール:hanshinm_kem@pref.hyogo.lg.jp