ホーム > 暮らし・教育 > こども・若者・家庭 > 子育て・家庭 > 新型インフルエンザの流行時における「こどもの館」の利用について

ここから本文です。

更新日:2009年11月4日

新型インフルエンザの流行時における「こどもの館」の利用について

 県立こどもの館は、新型インフルエンザの流行時においても通常のとおりご利用いただけます。

 新型インフルエンザへの対応のため、ご利用の皆様には留意事項を守ってご利用をいただきますようお願いいたします。
  (留意事項)
(1)入室前に、手洗い・うがいを済ませ、部屋の前においております消毒薬で手指を消毒の上入室願います。
(2)また、万一の場合に備え、入館者には、入館票への記載をお願いしております。

子育て相談

子育て相談

子育てに対する不安、悩みなどについての電話相談を行っています。

電話 079(266)-4133

受付時間 9:30~17:00(火曜日及び月の末日は休み)

イベント・研修及び出前事業

イベント・研修事業をはじめ、「動く・こどもの館号」などの出前事業を実施しています。

イベント・研修についての詳細は、ホームページをご確認ください。

<県立こどもの館HP>http://www.kodomonoyakata.jp/(外部サイトへリンク)

外出を控えての親子のふれあい

 こどもの館において、「外出を控えて親子のふれあい」を作成しましたので、ご活用ください。

  (PDFファイルでご覧になりたい方は、下の「関連資料」をクリック。)

 あそびと食事と本で楽しいスキンシップをはかりましょう。


<家庭でできる親子のふれあい>

1.親子であそぶ

 (1)親子でふれあって
     身体の上に乗ったり、寝ころんだ状態で身体を揺り動かしたり、床の上を這いながらそっとごっつんこするなど、お互いの身体を使って自由に遊んでみましょう。

 (2)親子で歌って
   ○げんこつやまのたぬきさん
    ♪げんこつやまのたぬきさん おっぱい飲んで ねんねして 
      だっこして おんぶして またあした
   ○あがりめ さがりめ
    ・人差し指で「あがりめさがりめ」、首をぐるっとまわして、「猫の目」。♪あがりめ さがりめ ぐるりと回して ねこのめ(繰り返し2回)
   ○なべなべそこぬけ
    ・身体の前で両うでを左右に振る。二人組でしてもよい。
     ♪なべ なべ 底ぬけ 底がぬけたらかえりましょ(2回)

 (3)親子でつくって
   ○人形づくり
     トイレットペーパーのしんに色紙を貼り、人形を作ります。

   ○折り紙、新聞紙を使った紙工作など


2.親子で食事・おやつづくり
  親子でつくることで、楽しさも倍増します。また、自分たちでつくったものなら、味もぐ~んとアップ。親子の会話もはずみます。
  ・サンドイッチ・カレーライス・チャーハン・ホットケーキ・クッキー・プリンなど


3.親子で読書
  読み聞かせは、1冊の本を親子で同時に楽しめます。ふだん時間がなくて読めないような本を読んでみましょう。また、短いお話をたくさん読むのもよいでしょう。こどもの館では、絵本、児童文学など図書の貸し出しをしています。【貸出時間は、休館日を除き9:30~16:30】


<家庭で気をつけたいこと>

 ・外出後や食事の前には、必ずせっけんを使って、流水で15秒以上手洗いとうがいをおこないましょう。
 ・夜更かしは禁物です。十分な睡眠をとって、規則正しい生活リズムを心がけましょう。
 ・1日3回の食事をとりましょう。


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:県立こどもの館
電話:079-267-1153