文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > 暮らし・環境 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 肝炎対策協議会及び肝疾患診療連携体制について

ここから本文です。

更新日:2016年5月2日

肝炎対策協議会及び肝疾患診療連携体制について

兵庫県肝炎対策協議会

肝炎対策について検討し、肝炎にかかる保健指導及び診療体制の確保と診療の質の向上を図るため、「肝炎対策協議会」を設置しています。(委員名簿(PDF:46KB)

所掌事務:

(1)肝炎ウイルス検査受検促進に関すること

(2)要診療者に対する保健指導に関すること

(3)かかりつけ医と専門医療機関の連携に関すること

(4)高度専門的ないし集学的な治療を提供可能な医療機関の確保に関すること

(5)受診状況や治療状況等の把握に関すること

(6)医療機関情報の収集と提供に関すること

(7)人材の育成に関すること

(8)肝疾患診療連携拠点病院に関すること

(9)その他、肝炎対策に関する必要な事項

開催経緯:

第12回(平成28年3月15日):専門医療機関・協力医療機関の更新等

第11回(平成27年3月13日):専門医療機関・協力医療機関の更新等

第10回(平成26年3月19日):専門医療機関・協力医療機関の更新等

第9回(平成25年3月12日):専門医療機関・協力医療機関の更新等

第8回(平成24年3月7日):専門医療機関・協力医療機関の更新等

第7回(平成23年3月16日):専門医療機関・協力医療機関の更新等

第6回(平成22年12月1日):肝炎治療費助成制度の運用等

第5回(平成22年3月19日):肝炎治療費助成制度の運用等

第4回(平成21年3月17日):インターフェロン助成制度の運用等

第3回(持ち回り、平成20年7月22日~7月24日):専門医療機関・協力医療機関の選定

第2回(平成20年3月11日):専門医療機関・協力医療機関の要件の検討・候補病院の選定等

第1回(平成19年11月8日):肝疾患診療連携拠点病院の選定等

肝疾患診療連携拠点病院

肝疾患診療連携拠点病院として、平成20年4月に兵庫医科大学病院を指定しました。

肝疾患診療連携拠点病院は、県内の肝疾患診療ネットワークの中心的な役割を果たし、肝疾患に関する以下の機能を発揮、事業を行います。

1.医療(インターフェロンの治療等に関する)情報の提供

2.県内の専門医療機関等に関する情報の収集や提供

3.医療従事者や地域住民を対象とした肝炎ウイルス検査や治療等に関する研修会・講演会の開催、相談支援

4.専門医療機関等との協議の場の設定

5.肝がんに対する集学的治療が実施可能な体制のもと診療


肝疾患専門医療機関・協力医療機関

国のガイドラインに基づき、肝炎対策協議会において、本県の各2次医療圏域における肝疾患の診療ネットワークの中心的な役割を果たす「肝疾患専門医療機関・協力医療機関」を別表のとおり選定しています。

肝疾患治療の全県の拠点となる「肝疾患診療連携拠点病院」(兵庫医科大学病院)と「専門医療機関・協力医療機関」が、地域の「かかりつけ医」と連携しながら、切れ目のない治療体制を確立していきます。


(1)機能

肝疾患に関する以下の機能を有し、各地域において「かかりつけ医」と連携して肝疾患の診療を行う。(各2次医療圏域に1ヵ所以上選定)

1.専門的な知識を持つ医師による診断と治療方針の決定

2.インターフェロンなどの抗ウイルス療法を実施

3.肝がんの高危険群の同定と早期診断

(注)協力医療機関は、専門医療機関に準じて地域の肝疾患治療の中核を担う。

 

(2)選定基準

専門医療機関

協力医療機関

日本肝臓学会専門医が常勤で在籍

日本肝臓学会専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器外科学会専門医のいずれかが常勤で在籍

インターフェロン治療及びC型肝炎ウイルスに対するDAA治療導入の累積症例数が100例以上、かつ前年度のインターフェロン治療及びC型肝炎ウイルスに対するDAA治療症例数が10例以上

インターフェロン治療及びC型肝炎ウイルスに対するDAA治療導入の累積症例数が20例以上

腹部超音波検査が実施可能

CT検査またはMRI検査が実施可能

他施設との連携も含め、CT検査またはMRI検査が実施可能

肝生検が実施可能

他施設との連携も含め、肝生検が実施可能

肝がんの治療が実施可能

他施設との連携も含め、肝がんの治療が実施可能

※更新に際しては、選定基準の充足状況や、地域における役割等を踏まえて選定する。

(3)選定結果

専門医療機関として40病院、協力医療機関として22病院を選定。

平成28年4月1日時点

圏域

専門医療機関

協力医療機関

神戸

神戸大学医学部附属病院(中央区)

神戸市立医療センター中央市民病院(中央区)

神戸労災病院(中央区)

神鋼記念病院(中央区)

甲南病院(東灘区)

六甲アイランド甲南病院(東灘区)

川崎病院(兵庫区)

神戸朝日病院(長田区)

神戸市立医療センター西市民病院(長田区)

神戸医療センター(須磨区)

神戸中央病院(北区)

済生会兵庫県病院(北区)

神戸アドベンチスト病院(北区)

神戸掖済会病院(垂水区)

西神戸医療センター(西区)

神戸赤十字病院(中央区)

昭生病院(灘区)

六甲病院(灘区)

神戸海星病院(灘区)

神戸百年記念病院(兵庫区)

新須磨病院(須磨区)

みどり病院(西区)

阪神南

関西労災病院(尼崎市)

県立尼崎総合医療センター(尼崎市)

兵庫医科大学病院(西宮市)

県立西宮病院(西宮市)

明和病院(西宮市)

西宮市立中央病院(西宮市)

笹生病院(西宮市)

市立芦屋病院(芦屋市)

尼崎医療生協病院(尼崎市)


阪神北

市立伊丹病院(伊丹市)

近畿中央病院(伊丹市)

宝塚市立病院(宝塚市)

三田市民病院(三田市)

兵庫中央病院(三田市)

協立病院(川西市)

東播磨

県立がんセンター(明石市)※

明石市立市民病院(明石市)

県立加古川医療センター(加古川市)

高砂市民病院(高砂市)

明舞中央病院(明石市)

加古川西市民病院(加古川市)

磯病院(加古川市)

 

北播磨

市立加西病院(加西市)

加東市民病院(加東市)

 

三木山陽病院(三木市)

北播磨総合医療センター(小野市)

市立西脇病院(西脇市)

中播磨

姫路赤十字病院(姫路市)

綱島会厚生病院(姫路市)

製鉄記念広畑病院(姫路市)

姫路聖マリア病院(姫路市)

西播磨

赤穂市民病院(赤穂市)

IHI播磨病院(相生市)

赤穂中央病院(赤穂市)

公立宍粟総合病院(宍粟市)

但馬

公立豊岡病院(豊岡市)【暫定】※

公立八鹿病院(養父市)

丹波

兵庫医科大学ささやま医療センター(篠山市)

県立柏原病院(丹波市)

淡路

県立淡路医療センター(洲本市)

-

※県立がんセンターは、肝がん治療を専門に行う医療機関として選定。                            ※公立豊岡病院については、専門医療機関の選定要件を満たしていないが、今後要件を満たすよう医療機関・関係機関が努力することを前提に暫定的に選定。                                              

[今後の必要用件]常勤する日本肝臓学会専門医の確保


今後、毎年度調査を行い、選定基準を満たす専門医療機関・協力医療機関を確認し更新していきます。

劇症肝炎等医療連携窓口

県内の劇症肝炎等患者が発生した際に、治療中の医療機関と劇症肝炎等の専門的治療が可能な医療機関との連携を進めるため、「劇症肝炎等医療連携窓口」を設置する医療機関として、平成23年4月に神戸大学医学部附属病院を指定しました。

劇症肝炎等医療連携窓口は、劇症肝炎患者および肝移植の適応がある末期肝疾患患者を対象とし、劇症肝炎及び肝移植に関する医療機関からの問い合わせへの対応、患者の病状に応じた受け入れ病院の調整を行います。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局疾病対策課

電話:078-362-3202

FAX:078-362-9474

Eメール:shippeitaisaku@pref.hyogo.lg.jp