文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > 暮らし・環境 > こども・若者・家庭 > 子育て・家庭 > こども家庭センター(児童相談所)

ここから本文です。

更新日:2016年3月22日

こども家庭センター(児童相談所)

「こども家庭センター」は、児童福祉法第12条に定められている児童相談所です。
兵庫県では平成17年4月から、広く家庭の問題に対応していくため、名称をこどもセンターから「こども家庭センター」に改称しています。
こども家庭センターでは、0歳から18歳未満の子どもの健やかな成長を願って、子どもと家庭のさまざまな問題について相談援助活動を展開しています。
県内には、県所管の中央こども家庭センター(内に、洲本分室)、西宮こども家庭センター(内に、尼崎駐在)、川西こども家庭センター(内に、丹波分室)、姫路こども家庭センター、豊岡こども家庭センターと、神戸市所管の神戸市こども家庭センターがあります。それぞれが管轄区域を持って活動しています。

名称 所在地 電話 管轄区域
中央こども家庭センター 〒673-0021
明石市北王子町13-5
(078)923-9966 明石市、加古川市、西脇市、三木市、高砂市、小野市、加西市、加東市、多可町、稲美町、播磨町

洲本分室

〒656-0021
洲本市塩屋2丁目4-5(洲本総合庁舎内)
(0799)26-2075 洲本市、南あわじ市、淡路市
西宮こども家庭センター 〒662-0862
西宮市青木町3-23
(0798)71-4670 尼崎市、西宮市、芦屋市

尼崎駐在

〒661-0024
尼崎市三反田町1丁目1-1

(尼崎市教育・障害福祉センター内)

(06)6423-0801 尼崎市(障害相談)
川西こども家庭センター

〒666-0017
川西市火打1丁目22-8(川西庁舎内)

(072)756-6633


伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町

丹波分室

〒669-3309
丹波市柏原町柏原688(柏原総合庁舎内)
(0795)73-3866 篠山市、丹波市
姫路こども家庭センター 〒670-0092
姫路市新在家本町1丁目1-58
(079)297-1261 姫路市、相生市、赤穂市、宍粟市、たつの市、市川町、福崎町、神河町、太子町、上郡町、佐用町
豊岡こども家庭センター 〒668-0063
豊岡市正法寺446
(0796)22-4314 豊岡市、養父市、朝来市、香美町、新温泉町
【神戸市管轄】      
神戸市こども家庭センター 〒650-0044
神戸市中央区東川崎町1丁目3-1
(078)382-2525 神戸市

相談の方法

こども家庭センターの利用の仕方
18歳未満の子どもに関して、専門的な知識や技術を必要とするさまざまな問題についての相談に応じています。
子ども本人、家族、親戚の人、学校・保育所の先生などどなたからの相談にも応じます。
相談の受付は月曜~金曜日の午前9時~午後5時です。土・日曜日、祝日は休みです。
電話で予約すると便利です。
時間外の緊急性の高い児童虐待等に関する通告や相談については、「児童虐待防止24時間ホットライン」を開設し相談に応じています。
相談や検査、一時保護の費用は無料です。ただし、施設や里親さんに子どもを預ける場合は子どもが生活する費用について所得に応じて負担していただきます。
相談の秘密は固く守ります。

〔窓口相談〕
こども家庭センターに直接来ていただいて面接相談を行います。あらかじめ電話で相談の予約をされますと、お待ちになることが少なく便利です。

〔児童虐待防止24時間ホットライン〕
中央こども家庭センター:078-921-9119
西宮こども家庭センター:0798-74-9119
川西こども家庭センター:072-759-7799
姫路こども家庭センター:079-294-9119
豊岡こども家庭センター:0796-22-9119

〔巡回による相談〕
各こども家庭センターから距離的に遠い場合に、市町への訪問や巡回による相談活動も実施しています。

相談の進め方

次の四つの診断方法により、問題の本質を探り、総合的に判断し、問題の解決を図ります。
〔社会診断〕
 子育てについてお困りのことや、子どもを取り巻く状況などを相談員と話し合っていただき、必要な援助についての判断を行います。
〔心理診断〕
 子どもの気持ちに配慮しながら、面接、観察、心理検査などをもとに心理学的に必要な援助の内容・方針を定めていきます。
〔医学診断〕
 小児科医や精神科医の問診、診察による医学的見地から、必要な援助の内容や方針を定めていきます。
 また、思春期の難しい問題を抱えている子どもへの、専門の精神科医による診断も行っています。
〔行動診断〕
 必要な場合は、一時保護所に子どもを一時的に預かって、日常生活の適切な援助のあり方を確認します。
〔総合判定〕
 各種診断を基に、最も適切な援助の方法を検討します。

援助の方法

  • 困っていることや子どもをとりまく様子などをケースワーカーと話し合っていただきます。
  • 心理判定員などが子どもといろいろ話し合ったり検査をしたりします。
  • 必要に応じて医師が子どもを診たり一時保護所に一時的に保護して生活の様子をみます。

→それぞれの子どもにあった解決方法を一緒に考えていきましょう。

〔助言指導〕
 適切な助言や指導で問題の解決を図ります。
〔継続指導〕
 1回の助言では解決できない場合、カウンセリングなど継続的な関わりにより、問題解決に向けた援助を行います。
〔施設入所〕
 児童福祉施設や里親を利用し、子どもを保護したり、生活の訓練などを行います。
〔他機関斡旋〕
 病院など専門的な関わりを必要とする場合に紹介します。

関連メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部こども局児童課

電話:078-362-3182

FAX:078-362-0061

Eメール:jidouka@pref.hyogo.lg.jp