ホーム > しごと・産業 > 企業庁事業 > 用地分譲 > 次世代モビリティを活用した西播磨MaaS実証実験

ここから本文です。

更新日:2021年9月17日

次世代モビリティを活用した西播磨MaaS実証実験

概要

播磨科学公園都市内において、地域住民や都市来訪者の移動に対する利便性の向上を目的として、超小型EV等の次世代モビリティを活用した実証実験を実施しています。

令和3年度「地域新MaaS創出推進事業」の選定について

経済産業省による令和3年度「地域新MaaS創出推進事業」の「先進パイロット地域」の1つに、播磨科学公園都市が選定されました。

経済産業省ホームページ(外部サイトへリンク)

応募内容

事業名

⻄播磨MaaS実装プロジェクト

概要

自家用車分担率が高い当地域において、都市内利便施設等に関する情報提供を実施すると共に、MaaSプラットフォームと次世代モビリティによるラストマイル交通を組み合わせた新しいモビリティサービスを商業施設・オフィス・研究機関と連携したビジネスモデルによって展開し、人流の変化とサービス事業性の検証を行う。

令和2年度の実証実験について

令和3年1月18日から31日までの間、超小型EVや自動運転車等の次世代モビリティの実証実験を近畿経済産業局と共同で実施しました。

詳細につきましては、下記ホームページからご確認ください。

令和2年度次世代モビリティを活用した西播磨MaaS実証実験

お問い合わせ

部署名:企業庁 地域整備振興課

電話:078-362-3698

内線:5480

FAX:078-362-4270

Eメール:chiikiseibi@pref.hyogo.lg.jp