文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合いの変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

音声読み上げ

  • 詳細検索
  • 検索の仕方
  • 組織から探す
  • サイトマップ
  • モバイル
  • Foreign Languages

ホーム > 暮らし・環境 > 健康・福祉 > その他健康・福祉 > 介護福祉士試験の実務者研修にかかる代替職員の確保事業

ここから本文です。

更新日:2016年3月11日

介護福祉士試験の実務者研修にかかる代替職員の確保事業

介護福祉士試験の受験資格要件となる実務者研修(読み替え可能な研修を含む)の受講を促進するため、福祉・介護事業所の職員が対象研修を受講するにあたり代替職員を確保した場合にその経費を補助します。

対象について

対象者:兵庫県内で社会福祉施設、介護サービス事業所、障害福祉サービス事業所を運営する者

対象研修:実務者研修、介護職員初任者研修

補助の要件・内容

<補助の要件>

(1)新たに代替職員を雇用する

(2)現任職員の派遣

代替職員の雇用期間中に開催される実務者研修等に現任職員を派遣した延日数が、代替職員の勤務日数の4分の1以上になることが必要

<補助の内容>

補助内容

代替職員の雇用期間 補助金の額
6ヶ月 1,250,000円以内
5ヶ月以上6ヶ月未満 1,041,000円以内
4ヶ月以上5ヶ月未満 833,000円以内
3ヶ月以上4ヶ月未満 625,000円以内
2ヶ月以上3ヶ月未満 416,000円以内
1ヶ月以上2ヶ月未満 208,000円以内

補助を行うにあたっては要件があります。詳細については、28説明資料(PDF:316KB)をご覧ください。

申込み

事業実施を希望する法人は、事前に別紙計画書(ワード:33KB)を提出してください。

スケジュール

平成28年3月:実施事業者一次募集(予算を上回る応募があった場合は、事業効果、経済性等を勘案して選定する)

平成28年7月:実施事業者二次募集(一次募集で補助対象となった事業者は対象外。また、一次募集で予算枠に達した場合は実施しない)

平成28年9~10月:補助金申請・交付決定

平成29年1~2月:実績報告・精算(12月末までに事業が完了する者)

平成29年4~5月:実績報告・精算(3月末までに事業が完了する者)

介護福祉士国家試験の受験資格変更について(2016年度試験より)

平成28年度第29回介護福祉士国家試験から実務経験ルートによる受験資格は、「実務経験3年以上」かつ「実務者研修修了」の方となります。

参考:介護福祉士国家試験受験資格について(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部社会福祉局社会福祉課福祉基盤推進班

電話:078-362-3185

FAX:078-362-4264

Eメール:fukushihojin@pref.hyogo.lg.jp