ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 介護保険・サービス > 介護老人保健施設における在宅復帰支援機能強化事業について

ここから本文です。

更新日:2018年7月12日

介護老人保健施設における在宅復帰支援機能強化事業について

介護老人保健施設における在宅復帰支援機能を強化するため「平成30年度兵庫県健康福祉部補助金交付要綱(PDF:114KB)」に基づき、利用者の状況に応じたチームケアを効果的に行うためのシステムの導入や、重度入所者に対応するため必要となる機器の整備、在宅復帰後の生活を支援する併設訪問リハビリテーション事業所設置に要する費用の一部を補助しますので、積極的にご活用ください。

事業の実施を希望される場合は、下記により協議書の提出をお願いします。

1.補助対象者

介護老人保健施設を運営する法人

2.対象経費・補助基準額・補助率

対象経費

補助基準額

補助率

(1)在宅復帰支援のためのR4システム(新全老健版ケアマネジメント方式)導入経費(R4ソフト購入費)

880,000円

1/2

 

(2)重度入所者に対する手厚い介護を行うための機器整備経費(生体情報モニター、吸引器、酸素濃縮器の購入費)

570,000円

(3)介護老人保健施設併設訪問リハビリテーション事業所の開設に要する経費

500,000円

※補助基準額は1施設あたりです。

※対象経費の詳細は「介護老人保健施設における在宅復帰支援機能強化事業に係る留意事項等について」をご参照ください

3.提出書類

平成30年度協議書(エクセル:14KB)

4.提出期限

平成30年8月3日(金曜日)

5.提出先

兵庫県健康福祉部少子高齢局高齢政策課介護基盤整備班
〒650-8567 神戸市中央区下山手通5-10-1

6.補助金に係る手続きの流れ

事業者

備考

(1)協議書の提出

(2)内示書の送付

協議書に問題なければ内示書を送付します。

(3)事業着手

 

内示日以降に事業着手(見積書をとるなど)してください。

(4)交付申請書の提出

(5)交付決定書の送付

事業完了前に交付申請してください。

(6)事業完了

 

事業完了から30日後又は翌年4月10日のどちらか早い日までに実績報告をしてください。

(7)実績報告書の提出

(8)補助金確定書の送付

(9)補助金請求書の提出

(10)補助金支払い

請求書に基づきお支払いします。

7.その他

  • 今回の申請受付の結果、予算に余裕がある場合は、締め切り以降も随時受け付けますので、ご相談ください。
  • この補助金は施設単位で交付しますので、別施設であれば同一法人でも申込みが可能です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局高齢政策課

電話:078-341-7711(内線2943)

FAX:078-362-9470

Eメール:koreiseisaku@pref.hyogo.lg.jp