ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 認知症 > 若年性認知症の人を対象とする就労支援・居場所

ここから本文です。

更新日:2018年2月13日

若年性認知症の人を対象とする就労支援・居場所

県では、若年性認知症の相談機関として、ひょうご若年性認知症生活支援相談センターを設置するとともに、身近な地域の認知症の相談窓口として認知症相談センターを市町の協力のもと設置して支援を行っています。その中で、退職後の就労支援や日中の居場所についての相談があることから、『若年性認知症の人を対象とする就労支援及び居場所に関する調査』を実施しました。

若年性認知症の人を対象とする就労支援及び居場所に関する調査結果(平成29年12月現在)

各市町で把握している情報です。詳しいことは、各事業所等にお問い合わせください。(年1回市町へ調査を行い更新します。)

【調査結果】市町別集計結果(PDF:34KB)

1若年性認知症の人を対象とする就労支援の場※平成29年12月現在該当事業所等なし

認知症カフェ、若年性認知症当事者・家族の会はこちら⇒認知症カフェ等について

若年性認知症の関連情報

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部少子高齢局高齢政策課

電話:078-341-7711(内線2948)

FAX:078-362-9470

Eメール:koreiseisaku@pref.hyogo.lg.jp