ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 障害者就労支援 > 「障害者の在宅ワーク推進モデル事業」の実施について

ここから本文です。

更新日:2017年6月7日

「障害者の在宅ワーク推進モデル事業」の実施について

概要

企業等への通勤・通所が困難な障害者(在宅障害者)と企業が円滑に業務の受発注を行えるシステムの開発や在宅障害者のスキルアップ研修等の取組みを支援することにより、在宅障害者の在宅での就労促進を図る。

応募資格

平成29年4月1日現在において、下記の要件を満たす法人。

  1. ICTを活用した障害者の在宅雇用や在宅就業支援について、5年以上の取組み実績を有すること。
  2. 障害者総合支援法に規定する障害福祉サービス事業を5年以上運営していること。
  3. 破産法等の適用を受けていないこと。
  4. 暴力団及び暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。

対象事業

  1. 在宅就業を希望する障害者に対するICT技術等のスキルアップ支援
  2. 在宅就業の障害者に対する仕事の発注促進などの企業への普及・啓発
  3. 発注企業の開拓・企業に対する発注への相談支援
  4. 在宅障害者と企業から発注された仕事の効率的なマッチング体制の構築
  5. 在宅就業の障害者が受注した仕事を支援する体制の構築
  6. 企業と在宅障害者をつなぐICTを活用したネットワークシステムの構築

補助内容

補助額:定額、上限30,000千円

スケジュール

公募要項の配布等

平成29年6月8日から6月30日

応募書類の受付

平成29年6月8日から6月30日

内容審査

平成29年7月上旬

実施事業予定者の決定

平成29年7月中旬(予定)

事業開始

平成29年7月下旬(予定)

 

募集要項・様式

  1. 障害者在宅ワーク推進モデル事業募集要項(PDF:165KB)
  2. 障害者在宅ワーク推進モデル事業企画提案書(ワード:19KB)
  3. 応募資格誓約書兼確認書(ワード:19KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局ユニバーサル推進課

電話:078-362-3261

内線:3036

FAX:078-362-9040

Eメール:universal@pref.hyogo.lg.jp