ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > ユニバーサル社会 > 令和元年度団体・企業等の主催イベントでの合理的配慮について(補助制度について)

ここから本文です。

更新日:2019年8月8日

令和元年度団体・企業等の主催イベントでの合理的配慮について(補助制度について)

団体・企業等のイベントでの合理的配慮について

兵庫県では平成30年4月に「障害者等による情報の取得及び利用並びに意思疎通の手段の確保に関する条例(愛称:ひょうご・スマイル条例)」を施行しました。一定の要件を満たす県主催のイベントでは聴覚障害をお持ちの方が参加しやすいよう、情報配慮支援(手話通訳者・要約筆記者の配置、ヒアリングループの設置)を実施しています。今年度から団体・企業の情報配慮の取り組みを支援する仕組みができました。

補助事業概要

補助事業対象の者

兵庫県内に所在する団体・企業

補助対象の経費

兵庫県内開催の以下のいずれかの要件を満たすイベント・行事における手話通訳者・要約筆記者の派遣のための経費

  1. 不特定多数の参加者がいる参加者300人以上の行事
  2. 聴覚障害者の参加者が確定している行事(参加者300人未満も可)

補助金額

50,000円もしくは派遣経費の1/2のいずれか少ない方

(各団体将来にわたり1回に限り補助の対象となります)

募集期間

令和元年6月17日~(イベント・行事の開催が令和2年3月31日までのものに限ります)

申込方法

見積依頼書をご記入の上、下記申込先までメール、もしくはFAXして下さい。

申込先

兵庫県健康福祉部障害福祉局ユニバーサル推進課

TEL:078-362-4379

FAX:078-362-9040

メール:universal@pref.hyogo.lg.jp

留意事項

  1. 対象となる経費は行事当日のみで、前日までの打ち合せ等は補助の対象外とします。
  2. 人材の派遣については、公益社団法人兵庫県聴覚障害者協会・特定非営利活動法人兵庫県難聴者福祉協会による派遣調整を必須とします。
  3. できる限りたくさんの団体・企業に制度を活用してもらうため、1申請者あたり将来にわたり補助は1回限りとします。
  4. イベント開催後の申請は補助の対象となりません。イベント開催前の申請を必須とします。

関連資料

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局ユニバーサル推進課

電話:078-362-4379

FAX:078-362-9040

Eメール:universal@pref.hyogo.lg.jp