ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > ユニバーサル社会 > ユニバーサル社会推進委員会

ここから本文です。

更新日:2017年10月24日

ユニバーサル社会推進委員会

ユニバーサル社会推進委員会の概要

本県では、平成17年に「ひょうごユニバーサル社会づくり総合指針」を策定し、誰もが主体的に生き、支える社会の構築を目指してきました。
当該指針は平成23年度にフォローアップを行いましたが、その後6年を経過し、2020東京パラリンピック競技大会、ワールドマスターズゲームズ2021関西を控えるとともに、近年、障害者支援施設での殺傷事件、視覚障害者の駅ホームからの転落死亡事故、さまざまな自治体による手話言語条例・コミュニケーション条例の施行、認知症高齢者の増加など、さまざまな情勢の変化を踏まえた対応が必要となっています。
したがって、このたび「ユニバーサル社会推進委員会」を設置し、総合指針の検証を行うとともに、「ユニバーサル社会づくりの推進に関する条例(仮称)」の制定も視野に、今後のユニバーサル社会づくりの推進について検討を進めます。

委員任期

1年(平成29年8月1日~平成30年7月31日)

委員会の開催状況

参考資料

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部障害福祉局障害者支援課

電話:078-362-4379

FAX:078-362-9040

Eメール:shogaishashien@pref.hyogo.lg.jp