ホーム > 食・農林水産 > 食と農 > 食の安全・安心 > テイクアウトや配達での調理済食品の提供について

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

テイクアウトや配達での調理済食品の提供について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、外出の自粛要請に伴い飲食店などの事業者が弁当等を調理し、テイクアウトや配達等により販売する事例が増加しています。

これからの季節は気温の上昇が見込まれることから、食中毒予防のため、テイクアウト等で食品を提供、利用する際には、以下の点に注意してください。

事業者の皆さまへ

  • 受注数量は、設備や人的能力等に応じた範囲内で行いましょう。
  • 調理従事前、トイレの使用後、盛付けの前には十分に手を洗いましょう。
  • 食品に直接素手で触らないよう、使い捨て手袋等を使用しましょう。
  • 胃腸炎症状等がある場合は、調理に従事しないようにしましょう。
  • 加熱調理する献立を選択し、中心部まで十分加熱(75℃以上、1分以上)しましょう。
  • 提供した弁当等の種類、製造数、配達先及び配達時間を記録しておきましょう。
  • 配達等を行う場合は、食品に応じた適切な温度管理を行いましょう。
  • 必要に応じて保冷庫、保冷剤等を使用しましょう。
  • 早めに食べるよう、受渡し時に声かけをしましょう。
  • 店内で提供していたメニューであっても、テイクアウトにより提供する場合に、別途許可が必要な場合があります。詳しくは、地域の健康福祉事務所(保健所)にご相談ください。

県民の皆さまへ

  • テイクアウトの調理済食品は、購入後まっすぐ帰宅し、早く食べましょう。配達された食品も同様です。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局生活衛生課

電話:078-362-3257

FAX:078-362-3970

Eメール:seikatsueiseika@pref.hyogo.lg.jp