ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 平成29年度地域における患者情報共有システム充実事業補助金の募集

ここから本文です。

更新日:2017年6月23日

平成29年度地域における患者情報共有システム充実事業補助金の募集

地域医療構想の策定により、今後医療機関の機能分化が進んでいくなか、それら機能分化された医療機関間の病床を有効に活用し、急性期から回復期、慢性期、在宅への円滑な患者の移行を行うためには、ICT(情報通信技術)を活用した医療機関間の更なる情報連携を進めていく必要があります。
このたび、医療介護推進基金(医療分)を活用し、県内の患者情報共有システムの構築を促進し、より多くの県民が情報連携の恩恵を受けられることを目指し、患者情報共有システムの参加医療機関の拡大を支援する補助事業を以下により実施することとし、実施機関を募集します。

 

1.補助事業名

地域における患者情報共有システム充実事業

2.事業の概要

患者情報共有システムにより患者情報を提供しようとする医療機関等に対するサーバー等本体購入費及び導入作業費用、患者情報共有システムへの情報出力するためのサーバーと電子カルテとの接続に必要な経費を補助

3.補助額、補助率

2分の1(補助限度額5百万円)

4.申請受付期限

平成29年10月31日(火曜日)まで

5.募集内容等

以下の募集資料のとおり

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課 企画調整班

電話:078-341-7711

内線:3225

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp