兵庫県/丹波市域の今後の医療提供体制のあり方に関する検討会

ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 医療・保健衛生 > 丹波市域の今後の医療提供体制のあり方に関する検討会

ここから本文です。

更新日:2018年5月21日

丹波市域の今後の医療提供体制のあり方に関する検討会

丹波市域では、新医師臨床研修制度を契機とした医師不足から、一部に診療機能回復の兆しはあるものの、未だ救急医療ををはじめ、医療確保に課題があります。

そのため、丹波市域の医療の現状を踏まえ、今後の医療提供体制等のあり方について検討するため、「丹波市域の今後の医療提供体制のあり方に関する検討会」を設置し、同市域における医療確保方策等について本年2月から4回にわたって会議を開催しました。

検討会設置要綱・委員

  1. 「丹波市域の今後の医療提供体制のあり方に関する検討会」設置要綱(PDF:7KB)
  2. 「丹波市域の今後の医療提供体制のあり方に関する検討会」委員名簿(H24.6.1現在)(PDF:12KB)

検討会開催状況

第1回検討会

第2回検討会

第3回検討会

第4回検討会

検討会報告書

本検討会における地元関係諸機関及び県内外の有識者からの幅広い意見をもとに、今後の望ましい医療提供体制のあり方とその実現のための方策についての報告書を取りまとめました。
報告書については、平成24年11月19日に、検討会座長より知事に対して提出されました。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局医務課

電話:078-362-9124

FAX:078-362-4267

Eメール:imu@pref.hyogo.lg.jp